2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

45.ハトムギ畑でつかまえて お菓子づくりとランチ 

2017年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

45_01まち旅レポーターの朝倉2号です。

久留米市は福岡県唯一のはとむぎの産地
今年は20haで栽培されていて、
その生産量は全国有数なんだそうです。
久留米市、すごいぞ~。

 ※「福岡・久留米 はとむぎプロジェクト」は
 → コチラ(久留米南部商工会) 
 
 
といっても、はとむぎ?
なんだか健康に良さそうなイメージはあるんですが、名前を聞いたことがあるだけで詳しくは知らないし、
じっさいに見たこともありません。

というわけで、秋のまち旅の最初のプログラム、久留米市城島町にある洋菓子工房ラ・ペで開催されたまち旅
「ハトムギ畑でつかまえて お菓子づくりとランチ」で、はとむぎのこと、いろいろと教えてもらっちゃいました♪

 ※洋菓子工房ラ・ペの公式サイトは → コチラ

45_02参加者の皆さんをおもてなしいただいたのは、
パティシエの下坂さんと店長の奥様、それに助手の古賀さん。
ごあいさつもそこそこに、業務用の道具がいろいろ並ぶ厨房へ。
はとむぎを使ったお菓子づくり体験の開始です。 
 

45_0345_0445_05

45_0645_0745_08

今回教えていただいたのは、
はとむぎ粉を使った「マドレーヌ」「はとむぎパフ」
はとむぎのポン菓子をのせた「はとむぎポンもなか」です。
まずはパティシエにお手本を見せていただきます。
さすが手つきが鮮やかです~。

お手本をじっくり見たとこで、さっそくお菓子づくり体験です。
業務用の大きなボウルと泡だて器で混ぜたり、プレートに生地をしぼったり、
もなか皮に秘密のソース?を絡めたポン菓子を盛り付けたり。
下坂夫妻や古賀さんにアドバイスをもらいながら、上手にできました。

オーブンで焼くあいだも、はとむぎのこと、お菓子づくりのこと、
洋菓子工房ラ・ペのこと、いろいろと教えていただきました。
(ちなみに「ラ・ペ」はフランス語で平和という意味なんだそうですよ)
焼きあがったお菓子はとってもいい香り。
サクサクの焼きたてを、しかも厨房で試食できるなんて、
ほんと、まち旅に参加してよかったです~♪

45_0945_1045_11

お菓子が冷めるまでちょっとお出かけしま~すってことで、
みんなで行ったのは広々としたはとむぎ畑
大麦や小麦より茎が太くて葉っぱはササみたい。
そこにじゅずだまみたいな実がいっぱいなってます。これがはとむぎなんですね~。
畑の横では奥様を講師に臨時のはとむぎ講習会w
皆さん、いろいろと質問しておられました。

45_1245_1345_14

お店に帰ったらお菓子づくり体験を再開。
ずらりと並ぶ手づくりお菓子に皆さんから歓声が上がります。
袋詰めして、シーラーで封をして、かわいいリボンをかければできあがり。
なんだかそのまま店頭に並べていいくらい、素晴らしいできばえですね~♪

45_1545_1645_17

プログラムの最後はランチの時間
ふだんはケーキなどのイートインだけなんですが、
今回はまち旅だけの特別ランチを作っていただきました。
それがもうはとむぎ尽くし。
茹ではとむぎが入ったサラダ、はとむぎ粉ルウのグラタン、
はとむぎ味噌のお味噌汁に、ごはんもはとむぎ入り
食後のデザートにも、はとむぎのダックワースが添えてあります。
「明日はお肌がつるつるかも~♪」
って皆さん、にこにこしながら召し上がってましたよ。
体にいいし、とっても美味しいし、
「月1回、いや年1回でいいから、ランチをしてほしいです。」
って声が続出してたのもうなずけます。

これで今回のプログラムは終了。
皆さんすっかりはとむぎのファンになったみたいで、
はとむぎのお菓子やはとむぎ粉、
はとむぎ味噌を次々に買い求めてお帰りになりました。
こんなにファンが増えるなら、
来年は畑を増やさないと、はとむぎが足りなくなっちゃうかもw
農家の皆さん、よろしくお願いしますね~。


<追記>
実は今年の秋のまち旅から始まった新たな企画があります。
それがこの「まち旅手帖」。
参加したプログラムの思い出に実施者さんからサインをいただく、
いま若い女性の間で盛り上がってる御朱印帳のまち旅バージョンです。

45_1845_19

というわけで、朝倉2号もさっそくラ・ペの奥様にサインをお願い。
え~、何を書いたら・・・と仰いながらも
「はと麦の縁 ありがとう」と書いていただきました、ありがとうございます
こうやって、まち旅の思い出が積み重なっていくっていいですね~。

まち旅手帖はまち旅をデザインした手ぬぐいカバー付きで1620円。
数に限りがあるので、お求めになりたい方は事前にご予約くださいね。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2045-62802a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)