2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

いつでもまち旅2017年上期のご案内 

2017年04月-2017年09月 / 通年版「いつでもまち旅」GUIDE

いつでも2017上期表紙いつでもまち旅とは

地元に暮らす人々が、普段から慣れ親しんだ地域のたからもの(自然や農業、伝統工芸、歴史遺産、食文化)で、自らが訪れる人をもてなす手づくりの旅プラン「久留米まち旅博覧会」。
その「まち旅」の中から、一年を通して、いつでも楽しめるプログラムを選んでご用意しました。あなたのお気に入りを見つけたら、いつでもお申し込み下さい。

お申込みと、お問合せは


TEL 0942-31-1730 FAX 0942-31-0009 (受付時間 10~17時 土・日・祝日休み)
久留米まち旅博覧会事務局 (NPO 法人 久留米ブランド研究会 )
〒830 -0031 福岡県久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F
( 公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

●プログラム番号、プログラム名、参加者のお名前、連絡先電話番号などをお伝えください。

● 最少催行人数記載のプログラムは、人数に満たないものは中止となる場合もございます。
● まち旅プログラム参加費には保険料が含まれております。
● このガイドブックに掲載している開催日以外の日程でも、ご相談に応じています。
事務局までお問い合わせください。




1~ 23 のタイトルをクリックして、各プログラムの詳細をご覧ください。

歴史と城下町

1.石橋正二郎記念館鑑賞と美しい緑の庭園散策
2.お釈迦様のことばに出逢うとき如法頓写会
3.己と向き合うとき禅寺「梅林寺」で坐禅体験
4.久留米藩のお殿様が愛した茶の湯 お茶事体験
5.九歴バックヤード探検!&戒壇院の瓦で拓本
6.高良山の聖地と季節の花にふれる山歩き
7.江戸と明治が見えてくる「ブラ☆モリ」久留米

芸術とものづくり

8.久留米絣の巨匠「松枝玉記」の生家で一日研修
9.松竹梅の縁起紋の暖簾を染め上げる
10.酒処城島の蔵元で城島和傘づくり
11.耳納の古民家で櫨満載のひととき
12.久留米水引の楽しみ カラフルおしゃれポチ袋
13.いぶし銀の城島瓦で粋な花器づくり
14.こころを込めて私の手づくりのし紙
学びと好奇心

15.久留米の花をかたどったお香印香づくり
16.もみがお米になるまで米農家で農作業
17.着物男子がご案内 まち並みと歴史&うきはのお茶

花のまち旅

18.緑のふるさと田主丸森めぐり&グリーンラックDIY
19.樹木の先生ガイドに聞く散策&アロマの虫よけスプレー
20.多肉植物の世界プチモコを楽しむ寄せ植え

地酒のまち旅

21.「ごま祥酎」誕生物語と工場見学&古民家食事
22.ヒデキさんと行く!池町川飲みさるきツアー
23.木漏れ日のなかでワインのテイスティング




まち旅博覧会ホームページ/ http://www.kurume-machihaku.com
まち旅フェイスブック/  http://www.facebook.com/machitabi

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2036-03a7ba3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)