お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


10.有馬の殿様が愛した茶の湯の心 

2016年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

まち旅事務局のhamaです。

久留米城址にある 篠山神社・有馬記念館殿様が愛した茶の湯の心 をレポートします。
まずは、一階の レストラン有馬に集合。 さすが着物姿の方が多いですね。

まち旅の参加者の皆さんには、特別に文化財保護課学芸員による解説付きで、2階の資料館を見て頂きました。

10_110_2

10_3そして、普段は公開していない 茶室 『千松庵』 へと入ります。

ブリヂストン創業者の石橋正二郎氏の
母君の名前の一文字を取って命名された茶室だとか。


庭にある待合に通されました。こんな経験はなかなか出来ませんね~。
御亭主が迎えつけに見えました。拝見していてうっとりとしました。 
 
10_410_5

お庭の飛び石を伝って手水鉢で清めます。

10_610_7

10_8
千松庵の茶室内で、
有馬の殿様と茶の湯について ミニ講義。


点心席
見晴らし良いお部屋で頂きます。

 
10_910_10

レストラン有馬の茶室『古城庵』でお茶会です。
お城の本丸跡地で、江戸時代優雅に催された茶会をイメージして、ゆっくりと楽しみました。

10_1110_12

「いつでもまち旅」では、炭手前・茶懐石・濃茶席・薄茶席 と本格的なお茶事が開催されています。
みなさんどうぞお気軽にご参加ください。 解説付きですよ!

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2001-7061e154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)