FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

筑後の土蔵、ニッポンの心を旅したい ルポ 

はじめまして。「久留米まち旅博覧会」ナビゲーターのteshimaです。
久留米まち旅博覧会NO.1 「筑後の土蔵、ニッポンの心を旅したい」 のプログラムを担当しましたので、
参加できなかった方にも楽しんで頂けるよう、ご紹介します。

プログラムは、2009年10/20(火)~23(金)の4日間 久留米市北野町で開催されました。

コスモスレディー1 ● コスモスレディさんの挨拶

北野駅に集合。
コスモスレディさんに北野町のことを
丁寧に教えてもらいました。
コスモスレディさんは、
去年に引き続き2回目とのこと。
もっと勉強して案内したいと、
笑顔が素敵でした。


● コスモスレディさんと北野町を歩く

天気に恵まれ散歩日和。北野天満宮へまっすぐ伸びる参道が今も残っています。
所々に見かける、北野町名物「かます寿司」の旗も気になります。

コスモスレディーと町歩き


天保3年( 1832年)の創業という、老舗酒蔵 「庭のうぐいす 山口酒造場」

山口酒造1


● 山口怜子さんからのメッセージ

山口怜子さんの挨拶文


「日本の家族の物語」がテーマの展示。新しく買った布は一切使われておらず、
古着の所有者の方が山口さんのところへ持ってこられたものです。
「そのことを頭において、それぞれの作品の物語を感じてください」と山口さん。

山口怜子さんからレクチャー


ダウン 上のキルトは斬新な色使い。実はこれ、ネクタイで作られたものです。
それを聞いて、「もうネクタイ捨てちゃったよ~」と、ご夫婦でご参加の旦那様。
下のキルトも、鮮やかで美しい模様・・・・・

キルト作品


あまりの美しさに、皆さん心奪われたご様子でした。
作品だけでなく、怜子さんのお人柄に引き寄せられるよう。
(写真はありませんが) お昼ごはんの酒蔵特製「蔵の膳」も好評でした。
仕込みも山口怜子さんがされたそうです。それを伺うと、また味わい深い。

● 北野天満宮の楼門をくぐって、
「ここのおみくじは当たるよ」とは地元の方の情報。どきどき。

美しいキルトに感動北野天満宮楼門1



優しい雰囲気をお持ちの宮司さん。歴史の話をしたり、道真公の詩を紹介したり、
ゆったりと時間が流れました。(開催日によって色々なお話をしてくださいました。)

北野天満宮宮司さんから


” ニッポンの心 ” を感じてほしいと作られたプログラム。
パンフレットにある通り、素朴だけれどキラリと光る北野町でした。 teshima


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/200-d7c401c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)