『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


34. 「ブラ☆モリ久留米」Ⅵ 軍都の面影をたどる 

2016年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

34_1
まち旅レポーターの朝倉2号です。

「ブラ☆モリ」久留米日日新聞のモリ記者が案内役の人気プログラム。

いつも某国営放送の人気番組「ブラタモリ」と同じくぞろぞろと歩きながら、久留米のまちに残っている江戸~明治の痕跡を見つけて楽しんでます。

今回は市内のあちこちに残る陸軍の痕跡をたどる「ブラ☆モリ」。
歩いてまわるのは、ちとキビシイのです。
というわけで、文化の日に開催されたまち旅
「ブラ☆モリ久留米」Ⅵ 軍都の面影をたどる」は、
久留米路線バス1日フリー乗車券」を使ってめぐるプログラムとなりました。
 

34_234_3

市役所横の両替町公園に集合した参加者の皆さん、
まずは1日フリー乗車券の「2016」「11」「23」を削ります。
この1日フリー乗車券は久留米シティプラザ開業にあわせて発売されたもの。
エリア内なら1日何回でも西鉄バス堀川バスに乗ることができて800円と、お得な乗車券なのです。
準備ができたら市役所前からバスに乗ってしゅっぱ~つ♪

34_434_534_6

しばらくバスに揺られて到着したのは国分町
日吉神社境内にある日独戦争の石碑を見た後は、しばらく歩いて静かな住宅地へ。
全く痕跡が残ってないんですが、この一帯は大正4年から9年までの5年間、
1300名以上を収容するドイツ兵俘虜収容所があったところなんだそうです。
そんなにたくさんのドイツ兵が久留米に来てたなんて知りませんでした。
俘虜収容所が久留米に残したものは大きく、つちやたび合名会社(現ムーンスター)や
日本足袋株式会社(現アサヒシューズ、ブリヂストン)などが、俘虜を雇ってドイツの進んだ技術を学んだんだとか。
もし捕虜収容所がなければ、いまの久留米のにぎわいはなかったかもしれませんね。

34_7

34_834_934_10

次に向かったのは陸上自衛隊第4特科連隊がある久留米駐屯地
こちらでは広報担当の池松2等陸曹に広報資料館をご案内いただきました。
資料館には陸軍、特に久留米にあった第12・18・56師団の貴重な資料がずらりと並んでいます。
いただいた久留米市内の史跡概見図にもびっくり。
久留米にこんなに軍関係施設があったんですね~。
ちなみにこの広報資料館も陸軍関係施設のひとつ。
明治30年に建設された歩兵第48連隊の本部営舎なんだそうですよ。

 ※陸上自衛隊久留米駐屯地の公式サイトは → コチラ

34_1134_1234_13

34_1434_15

駐屯地前から堀川バス、西鉄バスと乗り継いで到着したのは朝妻。
学生相手の下宿もやってるやなぎ亭でお昼ごはんを食べ、久留米大学御井キャンパスへ入ります。
じつはここも陸軍施設の跡地で、フェンス際に久留米工兵隊の門が残ってました。
明治44年に行われた特別大演習の玉座跡の碑、その後盛大に執り行われた御宴会場之跡の碑、
爆弾三勇士像台座跡とキャンパス近くの史跡も見てまわり、野菜試験場前からバスに乗り込みます。

34_1634_1734_18

34_1934_20

乗ったと思ったら、2つ先の附設高校前で降車。
バスに乗ってた時間より、待ってた時間の方が長いかも~w
て、附設高校を横に見ながら細い坂を上り、競輪場方面をめざします。
正源寺の横を抜けてしばらくいくと、現れたのは直径20メートル以上もある大きな円形野外講堂。
その先にはレンガ造りの揺拝台が立ってます。
なぜこんなところにこんな立派な施設があるんでしょう?



久留米競輪場があるあたり、かつては昭和17年に竣工した陸軍墓地だったそうです。
野外講堂や揺拝台、競輪場にあがる坂道に立ってる灯籠はその名残。
陸軍橋やドイツ兵俘虜慰霊碑などたくさんの史跡も残っています。
そのひとつひとつをじっくりと見てまわりました。

34_2134_2234_23

競輪場口からバスにのった参加者の皆さん、最後に諏訪野町へやってきました。
こちらにある高牟礼会館、いまは公民館のような使われ方をしていますが、
陸軍18師団、第12師団の師団長官舎だった由緒ある建物なのです。
また、近くにある諏訪野公園には、
第18師団記念碑や日清・日露・日独・戦役記念碑がそびえています。
皆さん、記念碑に向かって頭を下げ、思い思いにお祈りしました。

34_24ということで、今回の「ブラ☆モリ」はこれで終了。
一丁田からバスに乗り込み、好きなところで降りる流れ解散となりました。
それにしてもこれまで気づかなかっただけで、
まちのあちこちに明治・大正・昭和の陸軍の痕跡が残ってるんですね。
「軍都久留米」を実感できたまち旅でした。

ちなみに今回のまち旅でバスに6回乗り、運賃は1210円分。
バス停2つ分とかちょっとドーピングっぽい乗り方もありましたが、
とりあえず元はとりましたw  

乗車記録
 1回目:西鉄バス 市役所前~国分 250円分
 2回目:堀川バス 自衛隊前~西鉄久留米 200円分
 3回目:西鉄バス 西鉄久留米~朝妻 210円分
 4回目:西鉄バス 野菜試験場前~附設高校前 170円分
 5回目:西鉄バス 競輪場口~高屋敷 170円分
 6回目:西鉄バス 一丁田~市役所前 210円分

皆さんも1日フリー乗車券をつかって、
久留米のまちをぐるぐるまわってみてはいかがですか?


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1990-e5c99693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)