『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


70.大人の音楽と酒時間 ミュージックスポット探訪 

2016年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

70_1
皆さんのなかで「久留米」ってどんなイメージですか?

B級グルメのまち、農業のまち、筑後川が流れるまち、ゴムのまち、酒蔵のまち…たくさんある久留米の顔のひとつが「音楽のまち」

ついこの間無料のライブを市内中心部10か所で楽しめる
「くるめ街かど音楽祭」が開催されたばっかりだし、
松田聖子さんやチェッカーズなど有名ミュージシャンを多数輩出しているのです。
 
というわけで、久留米の美味しい達人、豆津橋渡さんのご案内で開催された音楽のまちをめぐるまち旅
「大人の音楽と酒時間 ミュージックスポット探訪」を まち旅レポーターの朝倉2号がレポートしま~す。

70_270_370_4

この日、六ツ門のくるめりあに集合したのは11名。
豆津橋さんのまち旅はリピーター率が高いので、
皆さんお互いに「お久しぶりです」ってご挨拶w

なんだか同窓会みたいな雰囲気でまちにくりだしました。

久留米シティプラザを横に見ながらあけぼの商店街を歩き、
焼きとり屋さんの角を折れてくれない小路を通り抜け、
たどり着いたのはことぶきやというお酒屋さん・・・ナゼ?

じつはこのこどぶきや、買ったお酒をその場で飲む「角打ち」をやってるお酒屋さん。
11月にもなるとさすがに夜は冷えるので、
音楽を楽しむ前にまずは体を温めておこうということですね、豆津橋さんw

70_570_670_7

豆津橋さんも常連客という老舗酒店ことぶきや。
いまはもうない角打ち専用グラスなんて貴重品もあって歴史を感じさせます。
皆さん好きなお酒を買いカンパ~イ。
柿ピーなどをつまみつつ、グイッといきました♪

70_870_970_10

体も温まったところでことぶきやをおいとまし、また商店街を西鉄久留米駅方向へ向かいます。
しばらく歩いて到着したのは
駅前のビル6階にあるミュージックアミューズメントバー ファンキードッグ
オーナーのモットーが「音楽のまち久留米」なだけに、
本格的なライブを聞きながら、美味しいお酒を楽しめるお店です。

今回のまち旅では特別に開店前の様子を見せていただきました。
皆さん、バンドのメンバーが本番前の準備をしている様子に興味津々。
ちょっとだけ聞かせていただいた演奏もいい感じです~~。

70_1170_12

ことぶきやで体を温め、ファンキードッグでハートも温まってきた皆さん、
明治通りに出て屋台の横をぞろぞろ歩き、
たどりついたのは通町にある老舗ジャズショップ「ルーレット」
ジャズを聞きながらお酒を楽しめる、50年以上続く老舗です。

 ※ジャズショップルーレットの公式サイトは → コチラ

70_1370_14

毎週水曜日と第2土曜日はチャージなしでジャズのライブが聞けるということで、
この日もたくさんのお客さんで賑わってましたが、なんとか席を確保。
常連さんと一緒になってジャズのひとときを楽しみました。

 

70_15

というわけで、今回のまち旅はこれで終了。
おいしいお酒と素晴らしいライブに大満足のプログラムになりました。
豆津橋さんによると、ライブを聞きながら料理やお酒を楽しめるお店が
久留米にはいくつもあるんだそうです。
よ~し、朝倉2号もお気に入りの音楽を探しに、まちに繰り出すことにしよ~♪

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1984-3ff379fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)