お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


久留米まち旅博覧会 秋の報告会 

久留米まち旅博覧会 秋の報告会

報告会_110月1日から11月末までの2ヶ月間、
80のプログラムで開催した今年の久留米まち旅博覧会は、たくさんのお客様にご参加いただき、
無事終了いたしました

ただ、各プログラムを実施したナビゲーターや
事務局の皆さんのまち旅はまだ終わりません。

関係者が一堂に会し、それぞれどんなまち旅だったのかを紹介しあう「報告会」を終えないと年を越すことができないのですw
 
というわけで、12月3日の木曜日、来年には取り壊されちゃう?久留米市民会館において、まち旅報告会がにぎにぎしく開催されましたので朝倉2号がご紹介します。

報告会_2報告会_3

この日集まったのは75名のナビゲーターと事務局の皆さん。
受付けでガイドブックとアンケート用紙をもらったと思ったら、そこここでおしゃべりが始まります。

ふだんは全然違うお仕事をしてるんですが、まち旅を通じて仲良しになってるんですよね。

報告会_4報告会_5

で、14時ぴったりにまち旅を主催しているNPO法人久留米ブランド研究会の荒木理事長からのあいさつ。
おしゃべり好きでついつい挨拶が長くなる理事長なんですが、今回はいつにも増して饒舌です。

報告会_6実は11月26日に東京は霞が関で開催された地域づくり表彰で、
久留米ブランド研究会が国土交通大臣賞を受賞!

まち旅企画運営による地域の魅力再発見や新たな特産品開発により
「久留米」のブランド力を向上させたことが評価されたとのこと。

会場正面には国土交通大臣賞の賞状と
久留米市役所観光・国際課の皆さんから贈られた花束が飾られています。

審査委員の先生に「地域づくりの神髄を見た」と仰っていただきました
満面の笑みでナビゲーターの皆さんへの日頃の感謝を申し上げ、今年の報告会が始まりました。
 

報告会_11まち旅報告会といえば1分間スピーチ

自分が実施したプログラムについて、うまくいったこと、失敗したこと、やってみての感想などを紹介、関係者で情報を共有するための大事な取組みです。

ただね、全部で80プログラムあるので、スムーズな進行のためにもタイムオーバーは許されません。

ところが皆さん言いたいことが多すぎて、なかなか1分間にまとまらないんですよね。
すると鬼のタイムキーパー西依副理事長から「こらこら」とキビシイ突っ込み !

「あうあう」と焦る発表者、ドッと盛り上がる客席。こんな和やかな雰囲気でスピーチは進んでいきます。

報告会_8報告会_9報告会_10

スピーチの仕方は十人十色。
映し出される写真を指し示しながら、詳細に説明する久留米落語長屋のよか亭十老さん。
もじもじしながらも、しっかりと自分の言葉でしゃべった久留米大学の学生さん。
背筋を伸ばし、キビキビとしたおしゃべりで「さすが」と思わせた自衛隊幹部候補生学校のおふたり。
皆さんご自分のプログラムについて、しっかりアピールしておられましたよ。

報告会_71分間スピーチが終わったら、最後に事務局から報告。

プログラムの追加開催等により、
定員を上回る1787名のお客様に参加いただいたこと。
東京や千葉、関西方面からもお客様がお越しになったこと。
最高齢のお客様は90歳の姉妹だったこと。
ナビゲーターのコラボで新たなプログラムが生まれたこと。
JR久留米駅や西鉄電車教習所の電車体験、ブーランジェリナカガワのパン作りは若い親子にスゴイ人気だったこと。次回につながる貴重な分析結果がたくさん提供されました。

 


報告終了後は交流会。 まずはお茶やジュースで「かんぱ~~い」。

梅の花さんの鉢盛や、ブーランジェリナカガワさんのサンドイッチをつまみながら、
楽しいお話を・・・と思ったら、事務局から「投票結果を発表しま~す」とのお知らせが。

最初に受け付けでもらったアンケート、じつは投票用紙。
80プログラムの報告を聞いて参加したいと思ったプログラムなどに○を付け投票していたのです。

というわけで、ナビゲーターの厳しい目で選ばれたのは次の方々。

 ☆参加したいで賞
  (株)ムーンスター「25レザー?キャンバス?生地を選んでマイスニーカーづくり」

 ☆サプライズ賞
  (公財)久留米文化振興会「10石橋文化ホールバックステージツアー&ミニコンサート」

 ☆ほとめき賞
  百姓倶楽部「54秋の恵みの収穫祭 森の中での田舎料理」

報告会_12報告会_13

3組のナビゲーターには荒木理事長から表彰状が、
紅乙女酒造さん、巨峰ワインさん、梅の花さんなどなどから豪華な副賞が贈られました。
おめでとうございます~~~。

報告会_14報告会_15

そのあとは飲めや(お茶だけど)歌えや(歌ってないけど)の大騒ぎ。
こんどこそ美味しいお料理をつまみながら、まち旅ばなしに花を咲かせたのでした。

これで2015年秋のまち旅はおしまい。
来年はさらにグレードアップしたプログラムで、皆さんをほとめき(おもてなし)ますので、楽しみに待っててくださいね。
あそうそう、来年まで待たなくでも「いつでもまち旅」がただいま絶賛開催中。
選りすぐった6つのプログラムで皆さんの参加をお待ちしております。こちらもよろしくね~~~。

報告会_16

秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1927-8dd6204d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)