『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


44. 久留米野菜と櫨灯りで マクロビランチ 

2015年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

柿の葉が紅く染まる耳納連山の麓・山本町で マクロビランチ をいただく「まち旅」。
事務局 risa が行ってきました~

有名な柳坂曽根の櫨並木。 その近くにある古民家レストランHazeが今回の会場です。

44_144_2

テーブルには、櫨蝋の和ろうそく。
優しい光が揺らめいて、素敵な雰囲気の中で始まりました。

44_344_4

今日は久留米産の野菜を使ったコース料理を堪能できるそうで、ワクワク~

44_5まず、平田シェフよりマクロビオティックについて
簡単に説明をしていただきます。

身土不二、一物全体、陰陽のバランス等…
難しく考え過ぎず、自然と調和をとりながら健康的な暮らしをするということかな~と私なりに理解しました。

美味しくって身体にも良いのなら
言うことありません!(笑)


それから、サラダ、スープ、メイン、ご飯、デザートと、
順番にお料理が運ばれてきました。

盛り付けも綺麗で思わず、ため息がでちゃう…

44_644_744_8

それぞれの素材の良さが充分に引き出されていて美味しい!
お肉やバター、化学調味料などは使われていないのに、しっかりとした味とボリュームで満足です。

44_9「これは何でできてるの?」
「どうしたらこんな風になるの?」
といった質問にも丁寧に答えていただきました。

へぇ~と驚きの連続です。

お子様から年配の方まで、
皆さん「おいしい」と喜んでいらっしゃいました。


44_10食事の合間には、
ちくご松山櫨復活委員会の矢野真由美さん
櫨や忘れられた古の文化のお話をしてくださり
「なるほどね、そうだったんだ~」と納得したり、昔の人の知恵に感心したり…

和やかに贅沢な楽しいひとときを
過ごすことができました。


降っていた雨もお昼過ぎには止み、帰りは櫨並木も楽しめたのではないでしょうか。
櫨が紅く色づくのは11月の終わり~12月初旬なので、少し早めですが
柿の葉やもみじも紅葉して、秋らしい風景でした。

和ろうそくの灯りで味わう心と身体に優しいマクロビ料理は、
12月18日にも開催されるそうですよ。


ディナーなので、ますますお洒落な雰囲気になるんでしょうね~大切な人と一緒にいかがですか?

090-6779-4352(ちくご松山櫨復活委員会)まで、お問合せください。


秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1923-be51b29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)