2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

田主丸のばり甘柿 こいひめ 

今、耳納連山の麓を走ると、色づいた柿の畑が季節を感じさせてくれます。
田主丸町の巨峰畑と柿畑は、なくてはならない故郷の景色ですね~!

今年の「久留米まち旅博覧会」には、この耳納連山の麓で開催されるプログラムが数多くあり、
柿狩りがあるプログラムは、田主丸町の「岩佐農園」さんで開催されます。
富有柿とこんにゃく作りが体験できる人気のプランで、早くから満席となりました。
ご参加のみなさん、「観光フルーツ狩り発祥の地・田主丸町」の景色も楽しんで下さいね。

田主丸町にある観光柿園での柿狩りは、早生の柿が10月上旬から始まり、
柿の王様・富有柿は11月上旬から旬を迎えます。

こいひめ3


秋の1日、去年の「まち旅」の会場となった「井上果樹園」さんに、お使い物の柿を求めにやってきました。
井上果樹園の肝っ玉かあちゃまがお出迎え・・・

いのうえ果樹園


私が買いに行った柿は、今が最盛期の「こいひめ」ちゃん。。。。
栽培が少ないのと、収穫期が短いことで、レアな柿といわれています。栽培が難しい品種だったのを、
「こいひめ柿育成会」の皆さんが、長い年月をかけて苦労の末に商品化された柿です。

こいひめ2


「こいひめ」は糖度が20度以上という大甘の柿なんですよ~、なんと、27度という柿もあったとか!
マンゴーのようなと例えられていますが、糖度が高いために日持ちがしないそうなので、
届いたら早めに食べて下さい。(東京の姉ちゃん、埼玉の義妹、四国のおばちゃん、送ったばい!)

こいひめ


井上農園さんでは全国に発送してくれるし、出荷できないキズものや柔くなった柿を、家庭用に安く
分けてくれます。11月2日~3日の『来て見てん山苞の道」のイベントの折には、立ち寄ってみてね。

● 「井上果樹園」 福岡県久留米市田主丸町地徳2784  電話0943-73-1264  [地図

● 柿狩りのことなら田主丸ナビ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/192-aebc734d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)