お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


7. アートな写経画で仏さまと向き合うひととき 

2015年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

7_1久留米の画家・古賀春江の生家・・
としても知られる善福寺

こちらで行われた写経の概念を覆すアートな写経画の体験を、事務局risaがレポートします。

7_2先月に続き、2回目の開催です。

清々しい朝、
御堂に集まっていただいた参加者の方々。

7_3時間になると、住職と副住職によるお経があがり、
静寂な気持ちになりました。
心がスーッと落ち着いたところで始まります。

まずは、今から書く尊いお経である般若心経についてのお話から。

「はい、書きましょう」ではなく、写経や心経について
わかりやすく説明していただきます。

そう簡単に理解できるものではありませんが、
何となく分かったつもりになりました(笑)
それから、練習に入ります。

皆さん、いい感じです。


7_4さて、本番の写経。

まち旅なので、そのまま書き写すだけではありません。
紙、筆の色、形…自由に選べるんです!

実は、ここの副住職は画家でもあります。難しいイメージの写経が素敵なアートになってしまいました。

7_57_67_7

どうですか?飾りたくなっちゃいますよね~

7_87_9

しかも、上手な字を書かなきゃと気負う必要もありません。
楽しい!  ついつい夢中になってしまいます。

7_107_117

7_127_13

7_14コンパスで円を描いてみたり、
副住職が用意してくれている型紙を写したり、
好みの形の型を作ります。

そして、好きな色の紙に好きな色の筆で心経を書き写していきます。

何の雑音も雑念もない、静かな静かな時が流れます…

7_15あっという間に、お昼になりました。
集中していたので、おなかがすいているのも忘れていました!
まだ完成していない方も一旦中断して、お弁当をいただいます。

品のいいお料理を食べながら、
皆さんスッキリした表情。


「楽しかった~」「もっとやりたい」と写経画を絶賛されていましたよ~

7_16最後に、この日特別に展示していただいた古賀春江の絵や副住職の絵を拝見。
住職の油絵に興味津々の方もいらっしゃいました。

これで終了ですが、「残って写経画の続きを書いてもOK」と言っていただき残られる方も数人…
思わずハマってしまう写経画、素敵な作品がたくさんできました。
ありがとうございました。

7_17

秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1919-f7fbc394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)