2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

19.大切なご縁を結ぶ水引の飾り物 

2015年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

1901630


1905320z久留米市北野町、北野天満宮の参道沿いにある「結納茶包さいわい屋」店主、柏原さんに学ぶ、水引き飾りづくり体験のまち旅「19.大切なご縁を結ぶ水引の飾り物」

毎回キャンセル待ちが出る人気プログラムで、これまでずっと平日開催だったんですが、今回初めて日曜日の開催となり、
「日曜になってやっと参加できました♪」
というお客様がたくさん詰めかけました。

「結ぶ」という意味を持つ水引で、結婚、恋愛の御縁を・・・ということで、参加いただいたお客様は全員女性、しかも母娘や姉妹での参加が目立ちます。なごやかで華やいだ雰囲気の中、多少居心地が悪かったオヤジの朝倉2号がレポートします。


今回体験するのは、円(縁)を二重にした上に梅結びをあしらった縁起のいい水引き飾り。
まずは金銀の水引きの3つ組で大きめの円を作ります。「外から中へ・・・」
言われたとおり束ねた水引きを順々に組んでいくと、きれいな飾りが伸びていくじゃないですか。
これは比較的簡単だったみたいで、皆さん冗談を言いながら笑顔笑顔。
わからなくなっても柏原さんが教えてくれるので大丈夫です。

1903640




1907320
まち旅会場となったさいわい屋店内には、
水引き飾りがたくさん飾ってありました。
縁起のいいイセエビ、亀、鶴など

「こんなものまで作れるの?」
と思わず驚いてしまうものまで。皆さん、ちょっと休憩したときに、感心して眺めてました。



さて、実はここからが難しいところ、梅の形の飾り「平梅結び」です。柏原さんも数人ずつに分けて、ゆっくり教えていきます。「丸を作ってですね・・・」
※ 動画 https://youtu.be/Eqaw8sdXnrA

19093201910320


19113201回聞いただけじゃなかなか覚えられないので、皆さん、柏原さんの後ろについてまわって何回も何回も聞きます。で、席に戻り、指先に集中。さっきまで賑やかだった会場が、急に静かに。。。

そのうち結び方を覚えたお客さんが、お隣りのお客さんに教えたりして、最後は全員「平梅結び」ができるようになりました。柏原さんも
「今回は皆さん優秀です」
と感心しておられました。
できあがった梅飾りと、最初に3つ組で作ったふたつの円とを組み合わせたら完成です~~♪


そんなこんなであっという間に2時間半。さいごに美味しいお茶とお菓子をいただいて、今回のまち旅は終了。
「家でも作るから」と、水引きを何本もお土産に買って帰られました。
人と人とのつながり思いを込めて作った水引き飾り、皆さんに良き御縁が訪れるといいですね。

1914630


追記 / 結納茶包さいわい屋店主、柏原さんの水引き飾りづくり体験は、
12月から始まる「いつでもまち旅2015(下期)」でも毎月第2金曜日に開催されます。
今回参加できなかった方、御縁を結びたい方、ぜひご参加くださいね。

秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1911-ca0d673f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)