2017年秋のまち旅ガイドブックが完成しました。どうぞ、お気に入りのプログラムを探してくださいね

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

65.MEATにMEETでDEEPなKKB!こ・く・ぶ! 

2015年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

6501640w


6502230久留米のB級グルメ案内人、豆津橋渡さんがナビゲートするまち旅は、市内の美味しい料理やお酒のお店を紹介してくれるので、毎年毎回キャンセル待ちが続出するほどの大人気。
今年は久留米中心部を飛び出し、昭和の色を残す町、100年以上の歴史を持つ久留米駐屯地がある町、国分町で「お肉」にスポットをあてたまち旅「MEATにMEETでDEEPなKKB!こ・く・ぶ!」です。
肉と聞いたら黙っていられない朝倉2号が、参加者の皆さんと一緒に飲んだくれて参りました~~♪

6504320
西鉄久留米駅に集合した参加者の皆さん、
まずはバスで移動。

「国分で飲んだことあっですか?」
「私、初めてなんですよ」

などなど、最初から車中で盛り上がります。

国分のバス停で降り、まずは日吉神社でお参り。
ガラガラパンパン、
今日もおいしいお酒が飲めますように♪

この日吉神社、聖武天皇が建てた国分寺があったところなんだそうです。国分って歴史のある町なんですねぇ。

ちょっと早めに到着した1軒目は久留米名物骨付きカルビのお店「げん氣亭」。
ここは予約をしないと入れない人気店なんだそうです。

6505630


酔っぱらってぐだぐだになる前に記念写真を撮ったら、開店前なのにムリヤリ店内になだれ込み、
beerスバヤク生ビールでかんぱ~い♪

6503320

6507320w
ご覧ください
これがげん氣亭の骨付きカルビ。

久留米で骨付きカルビといったらコレ
豚の骨付きあばら肉なんです。

甘辛でジューシー、しかもでかい!

皆さんわいわいいいながらカルビを食べ、
ビールをいっちゃいます~。

2軒目は焼きとり九十九(つくも)。オーソドックスな昔ながらの焼き鳥屋さんです。

65083206509320

安くて美味しい人気店で、天井までびっしりの有名人?のサインに囲まれながら
beer本日2回目のかんぱ~~い♪

65123206511320


6513320ここで出てきたのが山うに(生の鶏肝)。
トロッとして甘くてタマリマセン。さらに、

「久留米はやきとりの種類が多いとですよ、これでフツーです」

と豆津橋さんが解説するなか、
久留米にしかないネタ
「ダルム」が出てくるじゃないですか~~。

美味しいお肉と楽しいお話をアテに、お酒がどんどん進みます。
追加で頼んだボトルワインだけじゃ足りなくなって、豆津橋さんキープのイモ焼酎まで飲み干しちゃいました、ごめんなさ~い♪

最後のお店は自衛隊駐屯地正門近くの「まりこん家」。
明るいママさんが、こだわりの日本酒と、手づくりの「日本酒にあうつまみ」で出迎えてくれました。
※動画 /https://youtu.be/Gml9Jti2W0w

65143206516320

ここまででたいがい調子が出てきてるので、
beerそのままの勢いで3回目のかんぱ~~~い♪

6515640


6517320wカウンターに敷き紙の代わりに置いてあったのが、
国分商店街マップです。
ディープな久留米を楽しむなら、
国分町が面白い!


確かに10年、20年と長いお店が多いし、焼きとり屋さん、ラーメン屋さんなど名店がそろってるし、別の機会にいろいろ回ってみると楽しいかも~~~。

6518320で、出てきたおつまみは、5~6 時間も煮込んだ
豚なんこつ
お肉はほろほろ、なんこつはねっとり、
うま~~~い!

ここで飲むのが
“三井の寿純米吟醸山田錦60バトナージュ”。
もうね、盛り上がらないわけないじゃないですか。
カウンターのそこここでわぁわぁなってます。
かくいう私もお隣の方と
ヒコーキの話とかヒコーキの話とかヒコーキの話とか
マニアックな話題で盛り上がります。

こうして国分のディープな夜は
いつまでも続くのでしたw


秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1910-b6454938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)