お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


37. 筑後信用金庫で 「お金のいろいろ体験学習」 

2015年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート


37_1やって来たのは、
筑後地方一番の金融街、通称“明治通り”にある
筑後信用金庫 本店。
ナビゲーターの S がレポートします!
普段、ATMコーナーやお客様窓口にしか立ち入れないのに、この日は58名の参加者のために特別に信金さんの特別なお部屋に入れていただきました。

会場には、信金さんが「この日のために」と
時間を掛けて準備してくださった、お金に関する資料が壁一面にたくさん用意されていました。(初の企画なので相当チカラを入れていただいたようです)


まず1時間目は、大事な紙幣が破れたときについてのお勉強です。
37_237_3

突然ですが〈問題〉です。
QⅠ.燃えてしまった1万円紙幣を交換してもらうとき、
どのくらいの面積が残っていれば全額交換してもらえる?(答えは最後に)

37_4次は、紙幣に隠されたヒミツについてのお勉強です。
皆さん知っていましたか?
1万円札の表面だけでも15箇所に
偽造防止技術が隠されているそうですよ。
光にかざしたり、紙幣を傾けたり
拡大鏡でのぞいたり、触ってみたり
と、みんな真剣な眼差しで偽造防止技術を探します。
こんなたくさんの技術を使ってる紙幣は世界でも稀で日本だけだとか。

37_537_6

〈問題〉
QⅡ.1万円紙幣の重さは? 1億円分だと何キロ?(答えは最後に)
37_737_8
1億円の束を抱えて「おもい~」と子どもたち。

いろいろ勉強したところで、実際にお札を数える練習に入ります。
まずはタテ読み。
お札を1枚1枚、本物かどうか、破損していないかなどの確認を同時に行う方法だそうです。
37_1037_1137_12

模擬紙幣ですが、お金を数えるとなると皆さん「眼の色」が変わります(笑)

タテ読みができたら、次はヨコ読みに挑戦します。
37_1337_14
お札に「広がれ・広がれ!」と呪文(?)を掛けながら両手でひねりますが、なかなか広がりません。
うまく広がったかな?
37_15
見事広がるとこの笑顔(大笑)

休憩をはさんで、2時間目はお金の大切さについてのお勉強です。

37_16信金さん特製の「久留米まち旅すごろく」を使って
お小遣いをもらったり、欲しいものを買ったり
お金の出入りを記録しながらゲームを進めます。

ゲームが終わったら、記録表を見直しながら
お小遣いの使い方、お小遣い帳をつける事の大切さについて親子で話し合われていました。 

37_1737_18

37_19

最後は、信金の理事さんから
「今日はたくさん勉強して、お金も上手に数えることが出来たみたいなので
大きくなったらぜひ! 筑後信用金庫へ就職してくださいね」 と早くもお誘いを受けて、
皆さん大満足の一日でした。
37_20

〈問題の答え〉
QⅠ.燃えてしまった1万円紙幣を交換してもらうとき、どのくらいの面積が残っていれば全額交換してもらえる?
AⅠ.3分の2以上が残っていれば全額交換してもらえます。 ちなみに半分しか残ってないと5千円との交換だそうです。

QⅡ.1万円紙幣の重さは? 1億円分だと何キロ?
AⅡ.1万円紙幣=1グラムなので、1億円分だと1万グラム、つまり10キロです。


秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1890-b2949d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)