2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

28. 善導寺さんで 若き僧侶たちとお念仏体験 

2015年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

03


01320久留米市善導寺町にある浄土宗大本山善導寺。約800年前の鎌倉時代に聖光上人が創建した歴史あるお寺さんです。こちらで若いお坊さんと一緒にお念仏を唱える貴重な体験ができるまち旅、「28. 浄土宗大本山"善導寺" 善導寺さんで 若き僧侶たちとお念仏体験」が開催されましたので、まち旅レポーター朝倉2号がご紹介します。

※浄土宗大本山善導寺の公式サイトはコチラ


05


04本堂に老若男女42名のお客様が集まり、ご本尊に向かって
「南無阿弥陀佛」と唱えて一礼、お念仏体験のまち旅が始まりました。

まずは善導寺の中野さんから、善導寺の成り立ちをご説明。
大本山は全国に7つ、九州では善導寺のみであること、
本堂は250年前に建てられ重要文化財に指定されていること、
境内の大きなクスノキは聖光上人お手植えの樹齢800年!
皆さん、熱心に聞き入ります~。



次に隣の建物、役寮東半部に移動し、この春、上段の間に完成したばかりの水墨画の鑑賞です。
作者は水墨画の大家、小林東雲さん
中国で浄土教が生まれ、海を越えて日本に伝わり、この久留米の地まで来たことをあらわす
壮大な水墨画に参加者の皆さんは声をあげて感心。おもわず写メをとりまくったのでしたw

07610


09320本堂に戻り、ここからは案内役が交代。筑後地域の僧侶の有志の会「授手の会」の皆さんが、お念仏体験をリードしてくれます。今回、皆さんが木魚を鳴らしながら唱える、お念仏は次のとおり。

光明遍照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨

南無阿弥陀佛(繰り返し)

願以比功徳 平等施一切 同発菩提心

往生安楽国 同称十念

ちょっと難しそうですが、最初に練習がありますし、
授手の会の皆さんも一緒なんで安心です。

授手の会のフェイスブックに開催の様子が
UPされてますのでご覧くださいね。

本番は扉を閉め切り、真っ暗な中で行われました。
総勢50名以上、大迫力のお念仏です。
真っ暗でロウソクしか見えませんが、
木魚の音と、お念仏だけでも動画でどうぞ。

※ 動画 / https://youtu.be/3nMTS6S1unU

20分ほど木魚を鳴らしながら「南無阿弥陀佛」と唱え、ご本尊に合掌して、お念仏体験は終了。
皆さん少々お疲れ気味でしたが、何か感じたものがあったんじゃないでしょうか。

15610


20320さいごにお茶をいただきながら、授手の会の皆さんとの交流です。ふだんはなかなかお話しする機会がないので、参加者の皆さん興味津々。授手の会のお坊さんもにこやかにお話しくださいます。
お念仏のことや、ふだんの生活のことを聞いてみたり、はたまた一緒に記念写真を撮ってみたりして、とっても盛り上がったのでした。

これにて今回のまち旅は終了。
若い僧侶の皆さんとお念仏を唱え、一緒にお話をする貴重な体験に、皆さん満足してお帰りになりました。
善導寺の皆さん、授手の会の皆さん、また来年もよろしくお願いしますね~~~。

19610

秋のまち旅予約のご案内 プログラム一覧 開催日カレンダー まち旅公式ホームページ

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1889-c7c69845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)