2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


43. ほとめき歩き日吉北コース お客様レポ 

2009年久留米まち旅博覧会 43.日吉北コースは、町名の由来となる日吉神社に、昭和の名残り漂う町並み。
いろんな顔が味わえる人情味溢れる約3kmの町歩きコースです。

2009年10/16(金)・ 11/20(金)の2回開催されますが、
その10/16日のプログラムに参加したお客様から投稿して頂きました。
以下は、お客様のrakkuspaさんから送られてきた文章と写真です。ありがとうございました。



rakkuspaです。10月16日の「ほとめき歩き日吉北コース」に参加してきました。
9時半に日吉校区コミュニティーセンター集合。10時から2時間半の街歩きでした。

まち歩き日吉コース


最初は日吉神社。1647年、二代藩主・有馬忠頼公によって現在地に移された由緒ある神社です。
本殿の横に、産霊宮(うみのみや)、境内には樹齢350年以上という大きな夫婦銀杏が並び、
良縁結び、夫婦円満、子孫繁栄の守護として、子授けを祈る人の参拝もあるそうです。

日吉神社


昭和レトロスポットの日吉市場から千歳通りの宮野貞一商店へ。
包丁・はさみ・ナイフ等の一般刃物から大工・左官道具などの職人・専門職用品まで揃うお店。

宮野貞一商店


地元で人気の和菓子やさん「亀鶴堂」
全国菓子大博覧会で金賞を受賞した「塩あんまんじゅう」はオススメ!
年末になると道路まで並ぶつき立てのお餅の棚が、季節を感じさせる風景です。

亀鶴堂


レトロなレンガの建物は、久留米絣の品質向上に尽力した、国武喜次郎が設立した「国武合名会社倉庫」
明治後期に、喜次郎の子・金太郎が久留米絣の機械化による大量生産に成功し、
久留米絣を全国に普及させたそうだ。

国武倉庫


戸板屋・豊田酒店(戸板屋次兵衛が屋号)、岡たばこ店、と歩き、

日吉コース2


岡タバコ店


大正期初頭、ドイツ兵捕虜にハム・ベーコンを提供したという逸話が残る「松尾ハム製造所」。
久留米で最初にハムを作った、地元民ご用達の人気店。

松尾ハム


  うれしいお接待。

お接待


明治8年創業の老舗菓子店。水天宮のお守り札の梵字をデザインした「いつもじ」や、
ブリヂストンの「タイヤもなか」など、久留米らしいお菓子が並ぶ。茶道愛好家もお気に入りのお店。

吉金


粟島神社、囲碁道場から、久留米絣のブランドとして全国にも知られる「儀右エ門館」。
市内では「岩田屋デパート」や「地場産くるめ」、石橋文化センターの「楽水亭」などに商品が置いてある。

儀右エ門館


この後、水天宮旧鎮座地、三本松公園、文化街、日本福音ルーテル久留米教会の順に廻りました。
日吉神社では宮司さんから、宮野貞一商店・岡たばこ店・松尾ハム製造所・儀右ェ門館ではご主人から
お話を伺い、亀鶴堂さんと吉金菓子舗ではご接待まで受け、非常に楽しく美味しい街歩きでした。

浮世小路


次は、日吉南コースに参加しました。皆様も、楽しいまち旅に挙ってご参加下さい。 by rakkuspa


コメントありがとうございます

  深謝!       | URL | rakkuspa | 2009/10/22 * 編集 *

きれいに纏めて下さり、ありがとうございます。
月末は、ご一緒出来そうですね!

         | URL | hotomeki | 2009/10/22 * 編集 *

>いえいえ、こちらこそありがとうございました。
かほたんの「まち旅」参加もまだありますね。どうぞ楽しんで下さい。
31日は、かなり知人が集まるようです。楽しみ~(*^^)v

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/187-8c034e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)