お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


15. 一閑張りの アンティーク膳づくり 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s1_20150109190800e90.jpgうきは市吉井町で開催された
『一閑張り(いっかんばり)』 などの様子を
事務局 hama がお伝えします。

循環型社会を目指し、
廃棄されるものを最小限に抑える活動に取り組む『再生工房』。
(『再生工房』については → こちら )

その『再生工房』の小田さんが、今回のナビゲーターです。


s2_20150109190801d2b.jpg『一閑張り』制作の会場は、『菊竹六鼓記念館』。

(『菊竹六鼓記念館』については → こちら )

この施設には、
「はじめて訪れた」
という参加者も多く、好評でした♪

さて、さっそく
日本の伝統工芸のひとつ、『一閑張り』に挑戦です。


s3_20150109190756f63.jpg
古いお膳に和紙を糊で張って行きます。

そして、しばらく乾かします。

こんなに 素敵 な

アンティーク膳に生まれ変わりました。

とても魅力的な作品ですね。


s5_2015010919075869c.jpg
作品作りが終わったら、街並み散策に出かけます。

  s4_20150109190757ea5.jpg

ここからは、ボランティアガイドの樋口さんに、
ご案内いただきます。


s6_20150109190815156.jpg伝統的建造物群保存地区に指定されている
吉井町の街並み・・

江戸時代、豊後街道の宿場町として栄えた当時が
偲ばれる白壁蔵造りの立派な街並みです。

s7_20150109190817316.jpgそして、 鏡田屋敷を拝見。

ここは、郡役所の官舎として
幕末から明治初期に建てられた
現存する唯一の屋敷型建造物です。
(鏡田屋敷について → こちら )

とにかく、凄く 立派 です。


s8_20150109190811b3b.jpgこんな立派なお部屋の中で、

何と、

お茶のご接待 が!


ありがとうございます!

s9_20150110002324647.jpg美しいお庭を拝見しながら、  s11_201501091908147dc.jpg
うきは市の銘菓、くずようかんを頂きました。

s10_2015010919081286a.jpg
散策が終わった後も、
仲良く なった参加者のみなさんは別れがたく、
富永にある再生工房の方にもみんなで移動、
楽しく過ごしました。

伝統工芸と街並み・・
うきはの魅力を満喫できたプログラムでした。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1816-ff17d74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)