お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


6.千松庵拝見と茶庭の作法 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s3_201501060027486a5.jpg紅葉が美しい、久留米城跡にある有馬記念館。
ここで開催されたプログラムを
hama がレポートします。。

晴天の清々しいお日和となりました。
 
 s1_20150106002750758.jpg

久留米城跡の紅葉は本当に美しい・・
第10回ガイドブックの表紙写真もココの紅葉です。


s4_201501060027485bc.jpg
この有馬記念館の北側
(社務所と東郷記念館の間)には、
千松庵という茶室が立っています。

久留米城跡 → ガイドマップ

s5_20150106002749a70.jpg

ここは普段は立ち入ることのできない場所ですが、
今回は、特別に拝見させていただきました。


s6_201501060028045cc.jpg大寄せのお茶会は経験がある
という方も多いと思いますが
実際にお庭にある飛び石伝いに
茶室へと足を運んだ方は少ないと思います。

先ずは、腰掛待合へと進みます。


御亭主がお迎えに見えますと、お正客さまと末客の方が挨拶に伺います。
その後、お一人ずつ手洗いへと進みます。
つくばいは、あの太閤秀吉さまからのお品とか。これは流石に拝見だけです。

s7_20150106002805951.jpg

s8_20150106002801ef3.jpg
千松庵をゆっくりと拝見した後は、

外のもみじがあまりにもきれいだったので

みなさんで記念写真を撮りました。


 パチリ ♡  


s9_20150106002802b97.jpgレストラン有馬に場所を移動して、
茶室「古城庵」にてお薄のお点前を拝見。
筑後川の流れを見ながらゆったりとお茶を頂きました。

参加の方は、ほとんどが市外からでした。
「久留米は茶の湯の環境が整っていて、うらやましいです。」と、嬉しいお言葉が…。
有馬の殿様が愛した茶の湯の心を、これからも『まち旅』で大切にしていけたらと思います。


さて、有馬記念館(2F)では、1月末から新企画、
「姫様のお道具」 が始まります。(詳しくは → こちら) みなさん、是非こちらもどうぞ♪

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1815-c6647cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)