『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


42. 紅葉と歴史的町並み 草野氏の面影辿る一日《草野西部コース》 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s08_201411191119278d0.jpgまち旅レポーターの (´▽`)朝倉2号 です。

先週日曜日、

平安時代にまでさかのぼる城下町の面影を残す
久留米市草野町西部をめぐるまち旅

「紅葉と歴史的町並み草野氏の面影辿る
②草野西部コース」


が、開催されました。

s01_20141119111911388.jpg
ご案内いただいたのは、
草野校区まちづくり振興会
ほとめき歩きの会の
大塚さん、井上さん、山川さん、源さん。

いずれも草野を愛してやまない方々で、
ひとつ尋ねたら10かえってくる強者ばかりですw

今回のまち旅は定員15名をはるかに越える
27名が参加、大盛況です。
草野のほとめき歩きが楽しくて、
何度も参加するリピーターが多いんだとか。
草野校区コミュニティセンターに集合し、
2班に分かれて出発です。

s04_20141119111913483.jpg今をさかのぼること
850年前の1164年、
肥前の国から豪族草野氏が
この地に移住、
竹井城を築きました。

以降、1596年に豊臣秀吉に滅ぼされるまでの約400年間、この地を治めたのです。そのため、草野町西部は城下町の面影が色濃く残っているのです。

参加者の皆さんは、野づら石でできた石垣の間を進みます。猿田彦の石碑の謂われを聞いたり、

s05_20141119111914b4c.jpg s06_20141119111915328.jpg s07_201411191119178eb.jpg
古民家の杉の一枚板の縁側に思わず驚きの声を上げたり、
ゾウさんウサギさんのトピアリーを愛でつつミカンをいただいたり、
いまにも動き出しそうな案山子になごんだり、富有柿を収穫中の方に思わず話しかけたりしながら、
1187年建立、草野氏ゆかりの若宮八幡宮に到着しました。

s09_20141119111928dd3.jpg
立派な門の横には、ちらほら赤く染まったモミジ。

ただ参加者の皆さんの目に映るのは、
スゴイ角度でそそりたつ長~~い階段。

しめて132段でございます。

お互いに励ましながらなんとかのぼりきり、
お参りをすませたら、
地元の方から差し入れていだいた
カキを食べながらひと休み。

ここからの眺めは サイコー、
はぁはぁ言いながらのぼった甲斐がありました。

s10_20141119111930b16.jpg s11_20141119111931215.jpg s13_20141119111948922.jpg
s14_2014111911194246a.jpg
若宮八幡宮から降りる途中で寄った永禅寺では、

善導寺を建立した聖光上人が座ったという
「腰かけ石」をなでながら願掛け。

「しゅんのすけ、がんばれ~~」 

お孫さんのために祈る
ほほえましい姿も。

s15_2014111911194332b.jpg
直径50メートルの装飾古墳、
下馬場古墳の横を抜け、
大正2年に建てられた矢作公民館を眺めながら

歩いて歩いて、
コミュニティセンターに到着しました~。

約2時間、7200歩のほとめき歩きでございました。


s20_20141119112003e8c.jpgで、これでまち旅は終わりではございません。
最後の最後でお楽しみ、
ほとめき歩きの会の皆さん手づくりの
お昼ごはんが待ってるんです~。
 
  s18_201411191120000ca.jpg

お昼ごはんの献立は、むかごごはん、だご汁、炊いた白菜、ゴボウと人参の煮物、ふかしたサツマイモ、ハヤトウリの漬けもの、手づくりこんにゃくなどなど。
どれも地元産の素材を使い、滋味とほとめきの心があふれるお料理ばかりです。

s16_20141119111945d52.jpg s17_2014111911194634b.jpg s19_201411191120022de.jpg
「料亭に来たみたい!」     皆さん思わず笑顔がこぼれます。
美味しい料理におかわり続出、お腹いっぱいいただきました。
s12_20141119111933775.jpg
ご自宅にまで上げていただいたり、
ミカンやカキを差し入れていただいたり、

おいしいお昼ごはんを作っていただいたり、
通りがかりの方からもお話を聞けたり。

ほとめき歩きの会の皆さんをはじめ、

地域のたくさんの皆さんの
ほとめき(おもてなし)の心を感じたまち旅でした。

草野町のまち旅にリピーターが多いヒミツは、
やっぱりここなんでしょうね~。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1795-4568c255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)