2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

28. メイドイン九州の 「ものづくり」 ダイハツの最新鋭工場へ 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s01まち旅レポーターの(´▽`)朝倉2号です。

11月3日の文化の日、
9組の親子が参加して

まち旅「メイドイン九州の「ものづくり」
     ダイハツの最新鋭工場へ」

が開催されました。

 ※ダイハツ九州株式会社の公式サイトは → コチラ

s02まち旅が開催されたのは、
久留米市田主丸町にある
ダイハツ九州株式会社の久留米工場。

参加者の皆さん、
まずは正門横にある事務所棟に集合します。

今回は「車」がテーマとあって、
お父さん の参加が目立ちますね~。

s03 全員揃ったらいよいよ工場見学に出発。

最新鋭工場だけにそこら中が企業秘密が・・・
(見てもわからないですけどw)。

なもんで、
移動中は撮影禁止でございます。

s04工場につくと、まず齋藤工場長からご挨拶。
ダイハツ九州久留米工場は、
最新鋭の技術で小型化、省エネ化した施設機械で、  s08
ミライース、ミラココア、ムーヴコンテなど
軽自動車用のエンジンを年間32.4万基も生産しています。 

s05久留米工場で生産されたエンジンは
大分県の中津工場に運ばれて車に組み込まれ、
全国各地に出荷されているんだそうです。
メイドイン久留米のエンジンが
全国で活躍してるって聞いただけで、
なんだか嬉しいじゃないですか。

ビデオで久留米工場の概要について講習を受け、
いよいよ工場見学へ。

s06皆さんが通されたのは
エンジンの組付工程が一望できる見学者通路。
案内役の鹿島さんから
丁寧に説明していただきます。

いろんな部品を組み合わせて
完成させる最新鋭のラインは
全体の動きが分かるモニターがあったりして、
皆さん興味津々です。

s07だけど最新鋭だけに

やっぱり撮影禁止。

というわけで、そのスゴさは

ラインを

ジ~~~~ っと

みている皆さん、
特にお父さんたちの表情から
お察し下さいw


工場見学が終わったら、久留米まち旅だけの特別企画第1弾、新入社員の訓練のプチ体験です。

 
 ボルト締付基礎練習ではボルトを12.04ニュートンの力で締め、

s09  s10  s11
 s12メタル組付基礎練習では
いろんな部品を合わせて
エンジンを組み付け、

ミネソタと呼ばれるツールでは
両手をスバヤク正確に動かす
訓練をしました。

ここでもお父さんたちが 大活躍
子どもそっちのけ(ウソウソw)、

真剣なまなざしで
取り組んでおられましたよ。

  

s13プチ訓練がすんだら
久留米まち旅だけの
特別企画第2弾
社員食堂でお昼ごはんです。

から揚げとか、チャーハンとか、
ラーメンとか、デザートとか、

並んでるご馳走が 取りホーダイ

s14

s15
お腹いっぱい

いただきました~~~♪

(どのメニューも、
 「とーっても 美味しかった」 と
 評判でしたよ。)

s16 で、いただいたお土産がスゴイ!

ハイブリッド並の燃費を実現した
第3のエコカー「ミライース」と、
農業女子向けピンクもある
軽トラ「ハイゼット」のミニカー。

これには子どももお父さんも
大喜び です。

最後に久留米工場の皆さんにお礼を言って、まち旅はお開きとなりました。
そうそう、ダイハツ九州久留米工場では、
エンジン生産だけでなく開発にも取り組む予定だそうです。
設計から製造まで全てが久留米、真のメイドイン久留米のエンジンが
日本中で活躍する日も近いんでしょうね。 久留米を愛する者として、ちょっと誇りです。

s17

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1788-bb0934bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)