『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


77. 医療最前線の現場見学 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

1_20141021235954809.jpg10月11日(土)、会場の古賀病院21
PET画像診断センター入口には
「秋のまち旅」のポスターが掲示され
ホテルのロビー?
・・と思うような素敵な雰囲気です!
今日は、古くから「医療のまち」と言われてきた久留米ならではの高度医療の最先端をお見せします。
レポーターは yori でお届けします。
2_20141021235953321.jpg当日は定員15名のところを増員、
21名の参加での実施となりました。
大分県佐伯市や福岡市内からの参加もありました。

ナビゲーター石井さんの進行で、
まず最初にセンター長の吉田毅先生から
「医療最前線」のお話がありました。

3_20141021235953be1.jpg続いて高精度放射線がん治療の
「トモセラピー」のメカニズムや
内視鏡手術支援ロボットの「ダ・ヴィンチ」について
それぞれ専門の技師の方々から説明がありました。

初めて聞く名前や、最前線の医療に
参加者の皆さんは熱心に、
メモを取りながら聞き入っておられました。

4_201410212359565f5.jpgそのあとPETセンターを見学、
短時間の治療で、副作用も軽減される
最新の治療装置などに、
病院のスタッフの方は、
参加者の皆さんから質問ぜめです。
最前線の医療をしっかり学んだあとは、
最後にカフェで美味しいケーキと
コーヒーをいただきました。
本当に貴重な体験ができた1日でした。
古賀病院21のスタッフの皆さん、
ありがとうございました。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1778-26fbd31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)