『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


40. 祈りよ 届け! 如意輪寺の護摩焚き 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

1_20141018171019d74.jpg「かえる寺」として知られる小郡の如意輪寺。
その如意輪寺で 護摩焚きのご祈祷に参列し、
ご住職から説法をいただき、そして近くのスイーツまで
愉しんじゃおうという欲張りなプログラム。

「まち旅」の申込みは大人気で、
定員枠を増員しての開催になりました。
(それでも参加できなかった皆さん、ゴメンナサイ)
事務局 yats がお伝えします。

当日は、秋晴れの気持ちの良い朝。
早く到着した参加者は、みなさん境内を
楽しそうに散策しています。
(←本堂横「かえる部屋」のかえる様)

4_20141018171022665.jpgゴーン。  ゴーン。

護摩法要が始まる合図の鐘です。

 12_20141018190611c55.jpg

「如意輪寺」は真言宗のお寺で、
17日は護摩法要の日。

これから護摩壇に火をつけ、
護摩木を投じて祈願する法要が
行われるのです。

3_201410181710172bf.jpgまずは みなさん、祈願の護摩木を記入します。

「家内安全」「病気平癒」などの判を押し、
その下に その願いを叶えたい人の名前を書きます。
1人で何枚も何枚も書く、願いの多い人も・・・。
祈祷開始に間に合うように、
みなさんせっせと書いています。

この護摩木が、これから始まる祈祷で使われるのです。

2_20141018171018708.jpg11時前には、もう座る場所がないほど、
本堂は満席状態です。
加持祈祷 が始まるまで、
みなさんの期待もふくらみます。
護摩焚きは、祈祷中、
炉中に護摩木を投げ入れます。
火の神が煙とともに、
その願いを天上に運ぶ儀式とか・・。
荘厳で神秘的。

 5_2014101817102198b.jpg

さて、みなさんの祈りは天に届いたでしょうか・・・ 届くといいですね。

6_20141018171041b45.jpgそして、お待ちかね、ご住職の説法です。
原口住職の説法は、全国にファンが多く、
大型バスに乗って、連日参拝客が絶えません。
「例年は9月迄で仕舞う、風鈴まつりで下げている二千個を超える風鈴を、今年は今日のまち旅までは下げておこうと思っていました。しかし、数日前の台風到来で、止む無く外しました」 

それは、ちょっとだけ残念でしたね。

7_2014101817104054f.jpgそして、お寺から、みなさんへおもてなし。

 8_20141018171046a3b.jpg
秋晴れの境内の景色を楽しみながらの
精進料理は、いつにも増して味わい深いものでした。

食後は、ゆっくりと、たくさんのカエルが棲んでいる不思議な境内を散策し、次なる楽しみに向かいます。

9_201410181710445cb.jpg境内の階段を上ると、
お隣にあるのがケーキ店の「レーブ・ド・ベベ」。
店名「赤ちゃんの夢」という店らしく、
夢いっぱいです。

ショップに隣接のカフェを貸し切って、
みなさんで、スイーツ&おしゃべりタイム。
「もう、まったり、くつろいじゃうわ」

10_201410181710432fe.jpgメープルシフォンケーキに生クリーム&ベリー添え。
「まち旅スペシャル」のケーキセットを作ってくれたのが、
木下律子チーフ・パティシエ。

「ペロって食べちゃうでしょう?」

 11_2014101817105319d.jpg
本当に、その通り。
帰りには、マカロンのお土産まで頂きましたよ。
素敵な時間をありがとうございました。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1774-842dc19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)