『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


38. 古地図片手に「ブラ☆モリ久留米」池町川編 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

秋晴れのさわやかな朝、西鉄久留米駅の観光案内所前に集合。
本日のナビゲーターは、久留米日日新聞のモリさんです。
レポータは hama でお届けします。

s 1
早速、電車で ひと駅 移動します。

隣りの「櫛原駅」で下車して

池町川を辿る旅

に出発です。

s2_20141009203719021.jpg
南薫町の細~い道を

くねくね~

と歩き、久留米中央公園の
陸上競技場の駐車場あたり・・に
出てきました。

s3_20141009203717c30.jpg
「筑後川から水を引いて、地下のパイプの中を
水が通っていくのですが

ここで一瞬

地上にパイプが出るところです。」(モリさん)

と、マニアックな説明が始まります。

s4_201410092037217fb.jpg堤防まで歩いて、筑後川から水を引き込むあたりを見ました。
その反対側に広がる久留米の街もゆっくりと眺めます。

陸上競技場の駐車場にもどってきて、
アスファルトの質感の違うとことに立ち止まり、
「この下を池町川が通っています。」(モリさん)
「え~ぇ!この下ですか!」
「微妙に舗装が違う感じがするけど、そうなんだ~。」
ここもふつうは絶対見過ごします。

s5_20141009203715406.jpg

再度パイプが地上に出てきているところ

・・の横を通りぬけて・・・。

てくてく歩いて・・・、

中心市街地に入っていき、交通量の多い道路の側溝の中をのぞいて、「これが池町川です。」(モリさん)
中には、ゴウゴウ音を立てて水が流れていきます。  凄いですね~!

s6_201410092037368c6.jpg s7_20141009203735b70.jpg

s8_20141009203741a9b.jpg
東町まで来て、
「ここが池町川の起点です」 

と、いきなり川が流れています。

「今まで不思議に思っていたんですよね。
この川は何処から流れてきたのだろうって。
あぁ~すっきりした!」

s9_20141009203739174.jpg

s10_20141009203738d44.jpgすっきりしたところで、記念の集合写真パチリ!

この後は、地上に出てきた池町川を辿って
JR久留米駅まで歩きました。

いつも見ていた池町川に
こんな 生い立ち があったなんて、
参加して本当に良かった。
そう思った一日でした。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1765-e2b854e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)