2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


いつでもまち旅開催レポート『バックヤードツアー in 九州歴史資料館』 

2014年いつでもまち旅 /開催レポート

『E.バックヤードツアー in 九州歴史資料館』

九州歴史資料館での「いつでもまち旅」の初回は、新緑が爽やかな 母の日に実施されました。

02_20140512210830d73.jpg今回のバックヤードツアーのナビゲーターは、小田さん。
九州歴史資料館の学芸調査室長です。
どうぞよろしくお願いします!
  01 

まずは、現在開催中の「きゅうおにとタイムトラベル 大昔のくらしと国づくり」会場をご案内。

03_20140512210824854.jpg

じっくり、丁寧に解説があります。なんて、ぜいたく。

04_201405122108254b1.jpg
次に、中庭から九州歴史資料館を探検します。

九州歴史資料館の本館はロ(ろ)の字になっており、
内側が回廊になっているのです。

博物館と同時に
「埋蔵文化財センター」としての役割も担う当館。
中庭からは、その仕事を見学できました。

福岡県内から発掘された資料が水で洗われ、
復元されて行く様子が
順を追って近くから見れるんですよ。


こんな大量の土器のかけらを組み合わせるって
すごいですね~(↓)

06_20140512210857210.jpg  05_20140512210827b3f.jpg

その後、発掘した資料を保管しておく収蔵庫や特別収蔵庫を見学。
普段は見れない博物館の裏の裏にご案内頂きました。
(映画「インディージョーンズ」に出て来るような博物館のシーンや、銀行の大金庫の扉を開けるシーンも・・。
考古ファンはもちろん、探検好きな人は、きっとワクワクしますよ~)
そして、展示室の見学です。

08_20140512210900eb2.jpg   09.jpg

「引き出し展示」や「ロッカー展示」など、さまざなな展示手法まで
解説頂き、ちょっとした博物館マニアになれた気分。

07_20140512210859cae.jpg

二階から見た第一展示室の様子です。
宝石箱みたい ですね。 いつまでの眺めていたい気分です・・・。

この後、資料室や古代体験の様子なども案内頂き、
気づいたら、30分も定刻を過ぎていました。
時間を忘れて楽しめる歴史資料館。 どうぞ、みなさんも探検してみてください。
面白いですよ。 

次回の「バックヤードツアー in 九州歴史資料館」は、6月8日(日)14:00 ~

現在受付中です。みなさん、いかがですか??     (posted by yats)

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1709-f4826453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)