FC2ブログ

2018年秋の久留米まち旅博覧会GUIDEを公開しました。みなさまのご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

No.37 堀と鎮守の祭りを体験 大木町の旅 

2013年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

まち旅レポーター、(´▽`)朝倉2号です。
s01_20131103233434164.jpg
縦横にクリークが流れる堀のまち

三潴郡大木町 では、
地域住民による伝統的なお祭りが残っています。

今回のまち旅
「堀と鎮守の祭りを体験 大木町の旅」
では、

大木町大角(おおずみ)にある
大角三島神社のお祭りに参加させていただきました。

 ※大木町の公式サイトは→コチラ 

s02_20131103233436776.jpgまち旅が開催されたこの日は、
大角西、大角東、古賀、牟田の4地区に伝わる、
大角三島神社の秋の例大祭の日。

お祭りといっても観光客が集まるようなものではなく、
地区の皆さんが準備し、
地区の皆さんが参加する、昔ながらの素朴なお祭りです。

 s03_20131103233437bd0.jpg 

s05_201311032334560c2.jpg
例大祭は昼からなんだけど、
午前中からお邪魔 して、

準備の様子を見せていただきます。
 
s04_2013110323343809b.jpg 

準備作業は各地区の役員さんのお仕事。
太いしめ縄を4人がかりで作ったり、もち米で作った「ごくさん」をお供えしたり、
しめ縄をかけかえた鳥居のお祓いをしたりと、とにかく忙しそう。

s06_20131103233450098.jpg s07_20131103233452a29.jpg s08_201311032334534d3.jpg

でも皆さん、なんだかウキウキしてる感じが伝わってきます。
なんたってお祭りですからね。

           

とかなんとか言ってたら、縄ないを体験させてもらえることに。
まずは「わらこなし」。稲ワラを柔らかくするためローラーにかけます。

s11_20131103233513ff0.jpg s12_2013110323351411a.jpg s13_201311032335163fd.jpg

s14_20131103233517d3f.jpg
次に「わらすぐり」。櫛のような道具で余分な葉っぱなどを落としました。


こうして準備した稲ワラを
10本ほど両手で持ち、
こすりあわせるようにして縄をなっていきます、

って 簡単にはできませ~ん。

それでも地区の皆さんが
丁寧に教えてくれたので、
なんとか形になりました(笑)


s15_20131103233519781.jpg 午前中はここまで。
天然温泉アクアスで
お昼ごはん「ヒシ御膳」をいただきます。

大木町は ヒシ が特産。
堀や田んぼで栽培され、9月下旬から10月が収穫シーズンになります。
茹でたヒシに始まり、グラタン、ヒシごはんなどなど存分に楽しんでしまいました♪

さて、お昼からは例大祭に参加します。
このお祭りは、農作物をたくさん収穫できたことを
神様に感謝するもの。
4地区の皆さんが大角三島神社に集まり、
町内にある三島神社から
神主さんを迎えて神事が行われます。


s16_20131103233534902.jpg
ドンッドンッ 


太鼓が鳴り・・・


s17_20131103233528cf2.jpg
神主さんがお祓い。

皆さん 神妙な 面持ちで


頭を下げます。


s18_20131103233529f39.jpg s19_201311032335319b4.jpg s20_201311032335325ca.jpg

s21_20131103233549461.jpg

大角三島神社の神事が終わったら
ぞろぞろと移動を始め、
言われないと気づかないような
細い参道を進むと「下の宮」に到着。

ここでも神事を執り行います。

s23_20131103233544598.jpg
で、下の宮の神事が終わったら、

また ぞろぞろ と戻ります(笑)


s24_20131103233546cbe.jpg
戻った大角三島神社で行われたのは戸わたしの儀式。

お祭りの当番地区は1年交代なので、
今年の当番から来年の当番へ引き継ぐのです。

その儀式がなんとも奥ゆかしい。
「今年の当番」「来年の当番」「神主さん」の順番で
お謡三番を謡うのです。

            

s25_20131103233547dd5.jpg無事戸わたしが終わったら、
最後は参加者みんなで
「村祭り」を歌います。

これがホントに素敵なんです。
「それでは歌います」
なんて合図はまるでなし。
この日が86歳のおじいさんが
「僭越ですが・・・」と前置きし、
いきなり歌いだしました。

 ♪むらの鎮守の神様の~

これに地区の皆さんも手拍子しながら続きます。

 ♪今日はめでたいお祭り日。
  どんどんひゃらら、どんひゃらら、どんどんひゃらら、どんひゃらら。
  朝から聞こえる笛太鼓。

もうね、あまりに素敵なので、しばらく余韻にひたっちゃいました。

これで、今回のまち旅は終了。神社では直会(なおらえ)の真っ最中。
「飲んでかんの~?」ってお誘いに後ろ髪ひかれる思いでお礼を申しあげ、おいとましました。
「ほとめき」って言葉がぴったりくる大角三島神社のお祭りでした。
                            (posted by (´▽`)朝倉2号)

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1594-eabb181a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)