2017年秋のまち旅ガイドブックが完成しました。どうぞ、お気に入りのプログラムを探してくださいね

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

No.23 手づくりで楽しむ花と櫨灯り 

2013年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

10月13日(日)に開催された No.23 手づくりで楽しむ花と櫨灯り のレポートを
事務局 hama がお伝えします。

①_5854素敵な古民家櫨屋敷で、開催されたプログラム。

櫨キャンドルづくり鉄の燭台作り に挑戦です。

  ②IMG_5857


はじめに、松山櫨復活委員会 の矢野さんが、櫨キャンドルづくりを教えてくださいました。
イ草の仲間で、灯心草という植物を乾燥させておいたものを、刃物が付いた台でスポンジ状の中身だけを
取り出す作業を行います。和紙を細く丸めたものに、先ほど取り出した灯心草を巻き付けていきます。

③IMG_5878④IMG_5884

ブヨブヨなったけど、まぁイイか・・・。
この蝋燭の芯を器に芯を立てて、溶かした蝋を少しずつ流し込みます。後は固まるのを待つばかり。

⑤IMG_5864次に、池上鉄工所の池上陽一さんとお父様に
手ほどきいただいて、鉄の燭台づくり に挑戦。

お父様の手づくりかと思われるような頑丈そうな
機械に細長い鉄の板を入れて曲げていきます。

ヨッコラショ…!


⑥IMG_5865⑦IMG_5874

バーナーを使って鉄板をさらに曲げます。ボォーっという音と炎にびっくり!
職人の技!を見せていただきました。

⑧IMG_5890ちょっと休憩。

甘木のお菓子屋さん『亀屋』さんの
美味しいお菓子とお茶で

ほっこり。

松山櫨復活委員会のメンバーの方の、
蝋燭づくりの実演も見学させていただきました。


⑨IMG_5893⑩IMG_5894

さて、燭台のほうも完成です。

秋の夜長、蝋燭に火を灯し、野の花を活け風流に過ごしてみます~と、
皆さん嬉しそうにお帰りになりました。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1584-a15c52da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)