2017年秋のまち旅ガイドブックが完成しました。どうぞ、お気に入りのプログラムを探してくださいね

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

No.30 鎮西上人開山のお寺 善導寺でお念仏体験 

2013年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

浄土宗の七大本山の一つ、善導寺。
その大本山の善導寺で「お念仏体験」をさせて頂くという、まち旅の初企画 です。

1
「久留米のまちの再発見ということで、
 善導寺はこれまで隠れていた・・
 という訳でもないのですが、
 今年初めて 発見されてしまいました」

本堂で ご本尊の阿弥陀如来を前にして
プログラムがスタートしました。
中野真琴僧侶の軽妙な語りが、それは流暢です。
今回の 23名の参加者は、若い人から、90代まで~
中には、宗派の違うお坊さま!の申込みもありました。
みなさん、とても楽しみにされています。

2_20131020215412400.jpg
善導寺は浄土宗の開祖法然上人の高弟、
聖光(しょうこう)上人が開いた
800年の歴史を持つ古刹。
本堂の阿弥陀如来や大楠も
同じく800年の歴史があるそうです。
「阿弥陀如来は極楽浄土の仏さまで、
 南無阿弥陀仏 と念仏を称える衆生を
 救って下さいます。」


3_20131020215414092.jpg 4_201310202154151df.jpg

渡り廊下を渡って、三祖堂に移動します。
この三祖堂は、高祖 善導大師(国指定重要文化財・中央)、元祖 法然上人(右)、二祖 聖光上人(国指定重要文化財・左)の三名の祖師が安置されているので、三祖堂と呼ばれているそうです。
この三祖堂は安産祈願で有名で、戌の日によっては、500名もの人がずらーっと列を作る時もあるとか。
すごいですね。 名所と聞いてましたが、そこまでとは!

5_20131020215417cf5.jpg 6_201310202154354de.jpg

本堂の廊下から、書院、庫裏 全体を眺めながら解説を聞きます。平成15年から10年間の大修復工事でわかったことなど、その詳しい解説に目を見張り、思わずカメラで パシャッ! みなさん、本当に熱心です。
そして、釜屋(古いカマド再現)の見学のあとは・・・、

7_20131020215436dec.jpgいよいよ本堂で お念仏です。

一人ずつ木魚を渡され、
まずは念仏の話を聞きます。
「南無阿弥陀仏」 と称えること、
浄土に生まれることを願う信仰について
耳を傾けます。

そして、本堂全体の灯りが落とされ、いよいよ木魚を叩きながらのお念仏です。


         
        ↑ 皆さんが叩く木魚の音が聞こえますか?  あっという間の15分でした。

8_20131020215430b41.jpg9_201310202154312e8.jpg

お念仏のあとは、書院の見学とお庭を拝見。
復元工事で発見された日本最古級の水琴窟の話などまだまだお宝がたくさんありそうです。
好奇心たっぷりの参加者の方々は、どんどん奥に進んで行かれます。
あっ そこは。。。 ちょっとハラハラの事務局です。

10_201310202154335c0.jpgみなさん興味は尽きませんが、
いよいよ 最後のお茶の時間です。
善導寺せんべいを頂きながら、団欒の時間・・。

クリアファイルや絵葉書などの
ステキなお土産も頂きました。

ありがとうございます。


11_201310202154429cd.jpg考えてみれば 寺の奥の奥まで 
見学あり、座っての体験あり・・
交互に組み合されたコースは、
盛り沢山! あっという間の
とても満足なひとときでした。

本堂をあとにして、参道を歩きます。
また、ゆっくり参拝したいものです。
→ 浄土宗 大本山 善導寺 (HP)

すばらしい時間を
ありがとうございました。
(posted by yats)


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1580-2a1140f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)