2016年12月-2017年3月開催の「いつでもまち旅」を受付中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


No.26 久留米の伝統工芸籃胎漆器で「籃-dish」づくり 

2013年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

はじめまして。久留米まち旅博覧会事務局のchikaです。

今回、10月5日に開催された「No.26 久留米の伝統工芸籃胎漆器で「籃-dish」づくり」を紹介します。
当日は雨の中でしたが2組6名の参加があありました。

末吉さんの挨拶から始まり、参加者の皆さんそれぞれに自己紹介をして頂きました。
話しの上手な末吉さんを中心に笑いのなか、体験が始まりました。

IMG_0223_201310151535415bf.jpg

今回の籃-dishでは網代編みという方法で編んで行きます。
まずは、9本の竹ひごをとり、形をそろえます。

竹ひご選び①竹ひご選び②

形をそろえた物に横から1本ずつ竹ひごを通していきます。
上から3本通し、次に下から3本通し交互に重ね合っていくように編んでいきます。

網代編み①網代編み③

文章で書くのは簡単ですが、実際やってみると難しいようで、
自分でも気づかないうちに通す順番や本数を間違えたり・・。
その間違いに気づく、さすが職人の末吉さん。
楽しそうに皆さんと話をしながらも、客観的に作業を見て指導します。
時間がたつと皆さん慣れてペースも早くなり、形を正方形から長方形に変更している人もいました。

今回の体験は形を作りそれぞれの名前を書き終了!その後、次の工程の研ぎ出し作業の説明も行われました。

名前記入研ぎ出し

希望者は研ぎ出しの体験もできるとのことで、予約をする参加者も。
最後にはお茶とお菓子まで頂きました。
和気あいあいとした雰囲気の中、とても楽しめたプログラムになりました。
(posted by chika)


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1577-d1ddce2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)