2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

いつでもまち旅2013 (下期) のご案内 

2013年10月~ 2014年3月 / 通年版「いつでもまち旅」GUIDE

九州最大の河川・筑後川の中流域、筑後平野のまんなかにある久留米市。
その久留米で暮らす人々が、
普段から慣れ親しんだ地元のたからもの(自然や農業、伝統工芸、歴史遺産、食文化)で、
自らが訪れる人をもてなす手づくりの旅プラン「久留米まち旅博覧会」。
その「まち旅」の中から、
一年を通していつでも楽しめるプログラム を選んでご用意しました。
あなたのお気に入りを見つけたら、いつでも電話でお申し込み下さい。

※ A ~ W のプログラムタイトルをクリックして内容をご確認ください。

歴史と城下町のいつでもまち旅

A 雄大な筑後川のほとりの有馬記念館にて 久留米城跡の「古城庵」で本格茶の湯
B 久留米藩主の菩提寺にて己と向き合う 梅林寺座禅修行体験
C ガイドとご一緒にJR 久留米発 城下町久留米 ぶらりまち歩き
D 久留米商人発祥の地・問屋街物語 あの若旦那と行くあきない通りつれづれ歩き


芸術とものづくりのいつでもまち旅

E 大木町にある旧居で伝統の技を知る 久留米絣の巨匠「松枝玉記」の生家で久留米絣の織り体験
F 北野で結ぶ伝統の水引細工 水引が結ぶ縁 祝儀袋とポチ袋づくり
G 400 年の歴史ある城島瓦の温故知新 いぶし銀の城島瓦で粋な器づくり
H 櫨屋敷で和の灯りと心に触れる 古民家で楽しむ櫨キャンドルづくり
I 工房で伝統工芸の手仕事体験 職人と一からつくる「籃胎漆器」
J 久留米の伝統が集まる「地場産くるめ」で わたしだけの手織り絣
K プロカメラマンのアドバイスがキラリ「もっと上手に撮りたい!」あなたのための写真教室


学びと好奇心のいつでもまち旅

L 城島に天文台あり 天体観測アイソン彗星&ふたご座流星群に出合える日
M 地元新聞記者が城下町久留米をご案内 江戸と明治が見えてくる「ブラ☆モリ」久留米
N 子育ての日々にご褒美を赤ちゃんとママへ のんびりベビーマッサージ
O 伝統的町並みとツバキの里 草野ほとめき歩き


農と花のいつでもまち旅

P 田主丸の農園カフェで いちご狩りして親子でスイーツづくり
Q 野に咲く茶花や山野草を一鉢に 特選茶花山野草の寄せ植え
R 多肉植物の品種数を誇る園芸店で ガーデナー直伝 観葉植物の寄せ植え
S 咲き誇る花々を楽しむ 石橋文化センターつばき園ガイドツアー


地酒とB級グルメのいつでもまち旅

T 焼きとりのまち久留米の職人に学ぶ “ 焼きとり”と“ にわとり”がよくわかる講座
U 池町川沿いを達人と遊ぶ! ヒデキさんと行く!池町川飲みさるきツアー
V 巨峰開植の地 田主丸でつくる プロヴァンス マイワインづくり
W 久留米のまちの歴史と観光ならおまかせください! 紅葉と花をたのしむ 楽々タクシーツアー


お申し込み お問い合わせは「久留米まち旅博覧会事務局」
0942-31-1730  受付時間 10:00~17:00 土・日・祝日休み
プログラム番号、プログラム名、参加者のお名前、連絡先、電話番号などをお伝えください。

最少催行人員記載のプログラムは、その人数に満たないものは中止となる場合もございます。
まち旅プログラム参加費には保険料が含まれております。
このガイドブックに掲載している開催日以外の日程でも、ご相談に応じています。
事務局までお問い合わせください。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1547-002c3bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)