お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


まち旅プログラムナビゲーター紹介 ~藍生庵~ 

今回は、絣工房 藍生庵松枝哲哉さん・小夜子さんご夫妻です。

写真は、ご主人の松枝哲哉さん。
松枝さんは久留米絣の重要無形文化財技術保持者で、
人間国宝だった松枝玉記さんは、哲哉さんの祖父にあたります。
現在は、奥さんとお二人で、久留米絣の作品を発表し続けていらっしゃいます。

紐で縛る

工房は筑後平野を見渡す田主丸の高台にあり、自然豊かな環境に囲まれています。

工房の周辺には、藍草がたくさん植わっています。
とっても瑞々しい葉ですね。

外観
藍の葉

工房の中を見せていただきました。

藍染めの甕は染める段階ごとに用意してあります。
松枝さんは天然の藍にこだわり、毎日欠かさずかき混ぜて発酵を促します。

甕の中にある染料は、一見すると黒に近い青色に見えますが
実は…

藍の色

このようなカーキ色をしているんです!

丁寧にじっくりと布をつけて染めていきます。


その仕上がりの美しさといったら!!!
…お見せしたいところですが、秋のまち旅までのお楽しみ。

どのようなプログラムが用意されるか、ご期待くださいね


藍生庵の これまでのプログラムの様子も見てね!
                (久留米まち旅オフィシャルブログのバックナンバーへGo!)

藍生庵    * 2012年 秋のまち旅 (生葉染) → 10月1日
  * 2008年 秋のまち旅(藍生庵紹介) → 11月26日
                                                                                    (posted by ふみ)

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1526-9f343c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)