2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

『春の風薫る 寺町を歩く』ほとめき歩き 南薫編(寺町コース) 

3月30日(土)に開催された『ほとめき歩き 南薫編(寺町コース)』の体験レポートです。

このコース、定員15名のところに38名のお申込みがありました。大人気 です!
「全部受けていいですよ!」と、ガイドさんから、心強いお返事がありました。
結果、3班に分かれて賑やかに開催されました。

①少林寺寺町は、江戸時代に久留米城防御の役割を担う東の砦として、久留米藩によって寺院が集められた一角です。

現在も17の寺院が建ち並びます。

← 臨済宗の少林寺からスタートです。

②千栄禅寺
千栄禅寺は、レンガ造りの教会のようなお寺です。→

実は、この建物をお借りして、
以前、「まち旅」で絣小物を作るプログラムを実施したんですよ。→ その時の様子はこちら  (2008年) 

建物の中も モダン ですね。
 

③誓行寺④せいぎょう寺の庭

↑誓行寺の11代住職の阿理城(ほとりりじょう)は作庭家としても知られます。
あの九年庵(国指定名勝。佐賀県神埼)もその代表的な作品だそうです。
門の中まで入って見せてもらいました。2009年の「まち旅」でもお庭に入れていただいたリポートがありますよ。秋の様子も素敵ですね。

⑤宗安寺⑥本泰寺

宗安寺には、九州系地歌・筝曲の祖といわれる宮原検校の墓地跡の碑がありました。(写真左)
本泰寺は、唐様式の朱塗の山門が特徴的でした。(写真右)

⑦心光寺の不動明王
心光寺の不動堂の中には、

こんな立派な不動明王が祀られていました。

 



ほとめき歩きイラスト


⑨真教寺のお庭⑧真教寺
↑真教寺のお庭は桜が満開! お堂の中も拝見させていただきました。

⑩正覚寺外観
← 曹洞宗 正覚寺の桜も 見事 でした。


ありがとうございます


⑪井上伝
徳雲寺には、久留米絣の祖『井上伝』の銅像 →
がありました。
この寺には、井上伝の墓碑があります。


 s⑫遍照院
↑遍照院は、日本庭園がきれいでした。
この庭園は、昭和35年に月星ゴム株式会社(現株式会社ムーンスター)より寄贈されたもので、約1300坪もの広さがあります。

ここには、高山彦九郎の墓があります。


医王寺に戻って ゴール です。

⑬医王寺⑭井上住職

本堂で、皆さんでお茶をいただきました。
葛湯、どらやきもいただき、疲れた体には甘いものが最高においしかったです。
井上住職の有難いお話も最後にいただき 大満足 でした。

お寺をめぐるほとめき歩き寺町コース、秋も楽しみにしています~。(posted by hama)

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1514-66dd1221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)