お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


『山本耳納で春色の旅』ほとめき歩き 耳納コース 

4月10日(水)『山本耳納で春色の旅』ほとめき歩き 山本編が開催されました。
ちょっと肌寒かったものの、きれいに晴れて「ほとめき歩き」日和となりました。
0_20130411113405.jpg

1 この耳納コースのガイドは、深山さん。
このコースは15名の定員ですが、満席です。

・・ということで、地元から女性サポートが2人、
事務局からも取材同行ということで、
とても 賑やか な
「ほとめき歩き」になりました。
元気よく、山本校区コミュニティセンターを出発です。

2_20130411113406.jpg 今回のプログラム、「春色の旅」 のタイトルどおり、耳納コースで春の花が咲きそろう時期にあわせて
設定されました。
「ところがね」・・・今年は、本当に何でも早く咲いてしまった・・ということで、「ルートを変更して、もっと遠くまで花を求めて歩きましょう」との宣言がありました。

よーし、それは、頑張って歩かなくちゃ! 

3_20130411113407.jpg 右の写真、見えますか?
 が泳いでいるんですよ。
道の脇に本当にきれいな水が湧き出て いるのが見えます。
「こんなキレイな水に泳ぐ鯉なら、食べたらおいしかろうね~」(参加男性)ですと。

4_20130411113422.jpg富有柿畑が続く道を、どんどん歩きます。
  22_20130411122807.jpg
 「エメラルド色の柿若葉」と称賛されるだけあって、春の日差しにキラキラ光る柿若葉は、こころ浮き立つ美しさです。

 この景色は楽しみたいし、写真も撮りたいし、先は急ぐし・・で、もうキョロョキョロワクワクの一同の様子です。

6_20130411113423.jpg 山からは、いく筋も清流が流れ落ちています。
実は、山の方に上ると、江戸時代に14基もの水車があったという大谷水車群跡が見られるということでしたが、今回は、先を急ぐので遠く眺めるだけで通りすぎました。
 その水車群では、酒米や小麦を挽いていたらしく、大正時代までその関係者で谷は大賑わいだったというから驚きですね~。今は、本当に 静かな水の流れ があるだけです・・・。
 その上にある「大行寺」も、眺めがとても素晴らしいということなので、日をあらためて出かけて来ようっと。

そして、いよいよ、お待ちかね「浅井の一本桜」です。
9_20130411113450.jpg 8_20130411113425.jpg
今日は、こんな満開を楽しんでいただく予定だったんですよね~ 
写真をみんなに見せながら、それは残念そうなガイドの深山さん・・。 いえいえ、仕方ないですよ。
10_20130411113451.jpg 樹齢百年と伝わるこの山桜は、平成3年の台風で樹勢が弱まり枯れかけていたところを、地元の強い願いで回復作業が行われ、息を吹き返した という奇跡の桜です。幻想的な美しさは、年々その人気を増し、今年もそれは多くの見学者で賑わったと聞いています。
 この日は葉桜でしたが、静かに 景色を満喫できたので、それはそれで良かった気がしますよ。

 代わりに・・と言っては何ですが池には、オタマジャクシが水面が真っ黒になるほど泳いでいました。このオタマジャクシがカエルになった時は、あたり一体はものすごいカエルの鳴き声になると思いますが、余計な心配かな?

11_20130411113451.jpg 次に向かったのは、「観興寺」です。
こちらも、参道の若葉が美しいですね。

この「観興寺」については、以前のこのブログで
詳しくリポートしていますので、是非ごらんください。

 → 耳納の山寺 観興寺

「観興寺縁起」や「高島野十郎」に思いを馳せ、
これまた後ろ髪をひかれつつ、この寺を後にします。
ここから、なだらかな道を下り県道の方(北の方角)に下りていきます。 

14_20130411113511.jpg 到着したのは、「世界つつじセンター」。世界中から集められた約1,600品種ものつつじが育成されている日本でも貴重な植物園です。
園内ハウスのつつじは終盤でしたが、屋外のつつじは、ちょうど見ごろの始まり。
目にも鮮やか、色とりどりのつつじです。

← 宇宙ツツジ
女性宇宙飛行士・向井千秋さんと一緒に宇宙を旅した種から育ったというツツジが、女性の人気を集めていました。

16_20130411155221.jpg 続いて、つつじセンター隣接の「ふれあい農業公園」に移動します。
公園では、八重桜が真っ盛りでした。
そこで、ガイドさんからのサプライズ。
ひとりひとりに 大福もち
が配られて、小休憩です。
「甘くて、おいしいね(*^。^*)」
ずっと歩いて来ましたから、
おなかもペコペコ。
みなさん、大喜びです。 

休憩したところで、桜の木の下で、記念撮影しましょうか。  ハイ、チーズ!
17_20130411113513.jpg

23_20130411162019.jpg 18_20130411113514.jpg
「生目八幡宮」の境内や、彫刻家のアトリエなどに立ち寄りつつ、帰途につきます。
実際には、かなりの道のりを歩いたようですが、
途中の花や青葉が美しく、天気もいいので皆さんの足どりも軽い感じです。
集合場所のコミュニティセンターに戻って来ると・・・  本当にびっくりしたことに・・・(@_@;)
19_20130411113535.jpgなんと、お弁当のお出迎えがありました!  20_20130411113536.jpg
これには、みなさんもびっくりです。
いつもは、おぜんざいなどの接待が多いそうですが、
「今日は、小学校の入学式と重なったから、すみません、お弁当で・・」と言われる山本校区のかたがた。とんでもない。それはもう素晴らしく美味しいお弁当でした。 

21_20130411113535.jpg 花を求めて、いつもより長いコースになったようですが、みなさんいかがだったでしょうか? さて、どれくらい歩いたんでしょうねぇ? けっこう歩いた気がするけれど。
という問いかけに対して
14,000歩
と答える男性が・・・。測っておられたのですね。

みなさん、本当によく歩きました。
楽しかったですね。おつかれさま。
   (posted by yats)  

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1512-3f110d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)