2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


『歩いて感じる田主丸 春の山苞の道』ほとめき歩き・益生田コース 

4月6日(土)、あいにくの雨の中でしたが、
『歩いて感じる田主丸 春の山苞の道』益生田(ますおだ)コースのほとめき歩きが開催されました。
1
先頭を行くのが、今回のガイドの鳥越さん。この地区にある「鳥越農場」のご主人です。
2_20130406172413.jpgまずは、山苞の道づたいに、山を見上げながら歩きます。
道沿いに、カフェやレストラン、お蕎麦やさんが並んでいて、

「まるで、別荘地に来たみたいよね」

と、参加者みなさん。
ニューフェイスのお店も増えているみたいです。 

心配したほど雨風は強くなく、
気温もちょうどいいくらい。

3_20130406172414.jpg最初に立ち寄ったのは、
ステンドグラス工房「space ゆう」です。 

工房のご主人、俣野さんがランプや窓、アクセサリーなどの作品について説明してくれました。

雨の日のウォーキングには、
こんな雨宿りスポットがあると、とにかくほっとして
うれしくなりますね。
 
 4_20130406172414.jpg

もう、みなさん、いきなり最初からくつろいでいます。

6_20130406172433.jpg 次に向かったのは、フォンターニュの森。
雑木林の中に、ギャラリーやレストランがありました。
7_20130406172431.jpg
「森の由佳ギャラリー」を見学。ここには、久留米市在住の松尾由佳さんの絵が展示されています。
14_20130406175246.jpg 

8_20130406172432.jpg森の住人、江崎和子さん(写真右)から、
ギャラリーについて解説を頂き、続いて
「森のレストラン・カフェ」に案内して頂きました。
ここでは、パスタなどのランチが食べられるみたいです。

参加者のみなさん、

「今度は、ランチに来ます」

と言われていましたよ。私もきっと来ると思う。 

5_20130406172415.jpg
雨の日は、芽吹いたばかりの木々の緑が一層みずみずしく見えますね。
10_20130406172433.jpg次に向かったのは、「大師堂」。
 奥様のご厚意で座敷にあげて頂きます。

「おやつ休憩ですよ」 

ずっと、今回の「ほとめき歩き」を後ろから見守りながらサポートして下さっていたのは、「山苞の会」渡邊靖子会長。
実は、おやつの準備もして下さいました。

11_20130406172450.jpg 12_20130406172450.jpg
芋まんじゅう、筍の煮つけ・・。すべて手作りです。
大師堂の中では、お茶でおやつを頂きながら、話に花が咲きました。
今回の「ほとめき歩き」は、歩いている時間より、こうやって休憩している時間がはるかに長かった・・
でも、それが ほのぼの心あたたまるひとときでした。
13_20130406172450.jpg この後、鳥越農場の大けやきを見学。
ガイドの鳥越さんは、まだまだ案内スポットがあるご様子でしたが、
ここで 

正午の時報

が鳴りました。終了予定時刻です。

では、帰りましょうか・・・ということになり、来た道を戻ります。その頃には、あたりは明るくなりはじめ、雨も止んでいました。

解散場所では、植木の苗と甘夏のプレゼントがありました。
こんなに頂いちゃって、いいんですか?

「また、会いましょうね」

参加者同士、次に会えることを楽しみにして帰途につきました。

(posted by yats)

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1510-ca6747f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)