2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


乾太郎窯アトリエでぐい呑み作り 08年編 

ナビゲーター エミコです。
2008年久留米まち旅博覧会の中から「乾太郎窯でのぐい呑み作り」を動画でご紹介します。

08年ぐい呑み作12
2008.11.26に実施された、このプログラムは、耳納連山がそれは美しく紅葉する時期に実施されました。 講師は、櫨の灰など自然の釉薬を使った作品で知られる陶芸家、大中乾太郎さんです。

通常の陶芸体験は、乾燥や焼成に時間がかかるため、後日受け取りになる場合がほとんどですが、今回の企画は、その日のうちに作品を受け取り、夜にはその器で酒を飲んじゃおう。というスピード体験でした。

ということで、短時間の乾燥に耐える特別な土を用意してもらい、ぐい呑みを焼く窯も乾太郎さんに、今回の体験用に特別に作っていただきました。



朝9時半にアトリエに集合、ぐい呑みの形作りから始めました。私も実際に体験をしました・・・。

↓その様子を動画でご覧ください。  (hotomekiのレポートも見てね




コメントありがとうございます

         | URL | hotomeki | 2009/06/09 * 編集 *

>1日で土から ”ぐい飲み”が出来上がる様子が集約されてて、動画ってわかりやすくていいな。
写真だけではなかなかこれだけの説得力はありませんから。
皆さんの真剣な表情が見れて良かったです。
お弁当も初めて見ました。おいしそう♪
この動画を見たら、きっとたくさんの方が参加したいと思われるはず・・・

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/15-fd50fbef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)