2017年秋のまち旅ガイドブックが完成しました。どうぞ、お気に入りのプログラムを探してくださいね

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

1 日本茶の淹れ方 &アートに親しむ 

2012年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

11/25(日)  10:30~から開催された「1 日本茶の淹れ方 &アートに親しむ」の様子について
ナビゲーターU(石橋文化センター)さんからレポート頂きました。

1_20121231184311.jpg

会場は、石橋文化センター内のカフェ&ギャラリーショップ「楽水亭」です。

3_20121231184313.jpg講師は、日本茶インストラクターの山口洋介さん。
アシスタントは小井手陽子さんです。

講師は、

若手茶師が鑑定技術を競う
「全国茶審査技術競技大会」で、
優勝者を輩出している
星野製茶園(八女市星野村)に所属しています。

 星野製茶園 → コチラ

 日本茶インストラクター → コチラ



2_20121231184312.jpg
参加者は、
日本庭園を一望できる
特別な空間で体験します。

(楽水の池の向こう側の一丈の滝のモミジは、
 今年もきれいに紅葉しました。
 
 実は、この辺りは
 知る人ぞ知る紅葉の名所なのです。)



4_20121231184311.jpgまず、美味しいお茶の淹れ方のコツを体験しました。

お茶の種類の違いを学び、
TPOでお茶を選ぶ楽しみも増えました。

参加者の人たちは、
まずは帰宅後の家族へのお茶の腕前披露を
楽しみにしていました。

12:00~は、紅葉が見ごろを迎えた
日本庭園を眺めながらの昼食です。
参加者同士、お茶談義に花が咲きました。



6_20121231190906.jpg
13:00~は、石橋美術館へ移動し、
企画展「8人の作家たち」の展示作品をボランティアガイドの解説で鑑賞しました。
解説によって、参加者は画家の人生や絵の意図がわかり、感受性がより深まる鑑賞となっていました。
解説後は、各自、自由鑑賞となりました。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1491-51a55cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)