2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


06  1000万個の星輝く プラネタリウムで星空散歩 

2012年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

久留米市中央公園にある「福岡県青少年科学館」。
この施設のプラネタリウムで開催された「まち旅」(11月23日(祝)2回実施の1回目)を、
事務局 yats がリポートします。

1_20121130153027.jpgみなさん、最近、プラネタリウムに行ってますか?
子どもの頃はよく行っていたけれど、大人になってからは、しばらく行ってないな~ 
・・・そんなことありませんか?
yats は、まさしくそれです。
ということで、今回は、久しぶりのプラネタリウム訪問に、ドキドキしながら出かけました。

← 写真の建物右側が、プラネタリウム。手前は日時計


2_20121130153027.jpgさすが、青少年科学館。この受付の様子を見てください。これまでの「まち旅」で最強の 賑やか受付 
ではありませんか! 

そして、優しそうなスタッフ二人での受付が
始まりました。
「まち旅」参加者には、 いきなり 熱烈歓迎♪の 
ウェルカム・プレゼントです。
手渡された大きな封筒に入っていたのは、
クリアファイルや組立式の写真立て、キャンドルなど。
子どもの頃が懐かしくなるようなセットです。

なんと、第1回の参加者は、みなさん揃いも揃って、仲良し熟年 (?)カップルばかり! でした!
(第2回は、がらっと変わり、ファミリー層、若いカップルが多かったそうです)

5_20121130153026.jpgみなさん、いらっしゃい!
そこに颯爽と現れたのが、本日のナビゲーター、 
「まち旅」の法被(はっぴ)姿が、
やけにお似合いの 梶マネージャー です。

  16_20121130185025.jpg

その姿があまりに決まっているもので、
奥の方から(噂を聞いた)青少年科学館の
女子スタッフたちが、写真を撮りに駆けつけるほど。
最初から思わず 爆笑です。


7_20121130153041.jpg


4_20121130153027.jpgさあ、まずは「喫茶・コスモス」にまいりましょう!
参加者の皆さんは、ガラス張りのカフェに案内されました。窓の外には、秋景色の中央公園が広がります。
子どもたちが楽しそうにキャッチボールをする姿や、
紅葉した木々が美しい秋の日です。
そこで、梶マネージャーからの案内です。
ここのプラネタリウム「コスモシアター」は、九州最大級の規模であること。直径23メートルの大型ドームには、1000万個を超える星々を映し出すことが出来ること。
聞いているだけで、ワクワクして来ます。
続きは、「コスモシアター」内で・・。


6_20121130153040.jpgということで、いよいよ「まち旅」特製デザートプレートの登場です!
今回のプログラムをイメージした特別メニューがこれ。

四角のプレート上には、
輝く銀河や、惑星流れ星
も登場し、これまで見たことのない
宇宙空間を絵にしたような演出です。

「これは、美味しい!」

「福岡で食べるより、
      ずっと旨い」


など、皆さん大絶賛の出来栄えです。
さらに店長(パティシエ)からのご挨拶もあり、VIP感もひとしおでした。


9_20121130153041.jpg次は「コスモシアター」に会場を移して、梶マネージャーからの解説です。
コスモシアターは、光学式プラネタリウムとレーザープロジェクターが一体となったハイブリッドプラネタリウム。
この仕組みが、美しい星空 と 迫力ある映像 を作り出しているとのことでした。
今回のプログラム「ファミリープラネタリウム2012」は11月23日~25日限定の「秋の星空さんぽ」・・ということで、散歩のはじまり、はじまり・・・(*^_^*)


15_20121130153114.jpgここからは、星のおねえさん の登場です。

歌も交えて、子どもにもわかりやすく星空を解説します。
秋の四辺形(ペガススの四辺形)をたよりに10の星座を見つけていきました。

ペガスス座、アンドロメダ座、カシオペア座、ケフェウス座、くじら座、ペルセウス座、みなみのうお座、みずかめ座、やぎ座、うお座・・

エチオピア神話にかかわる星座や、水にかかわる星座たちを覚えやすい形で学びます。

  11月の星空さんぽ(福岡県青少年科学館)より→


11_20121130153114.jpg傾斜ドーム(劇場型)の
特等席 を用意しておいてもらった「まち旅」ご一行は、会場全体が見渡せる上、
コンソールで機械を操作する、カッコイイ♡♡♡
星のおねえさんの様子まで、
しっかり観察できる場所からの鑑賞です。

なるほど、これは確かに 
噂どおりの特等席ですね・・ 
ふふふ。


13_20121130153114.jpg約40分の「秋の星空さんぽ」プログラムが終了すると
一般のお客様は、楽しそうに帰って行かれました。

ここからが、「まち旅」だけの
特別復習タイム です。

再び、ナビゲーターの梶マネージャーの登場です。
待ってましたっ 梶マネージャー!


14_20121130153114.jpgさぁて、みなさん 質問はありますか~

すかさず最前列から質問です。
「秋空で『天の川』は見えますか?」
はい、ちょっとお待ちくださいね~。
再度会場を暗くして、再び投影開始です。 暗いなかで目を凝らすと・・
目立ちませんが、ほら、ちゃんとありますよ~


他にも、次々に質問が飛び出します。みなさん、とても熱心です。
「秋空でお奨めの時間帯は?」 
朝5時 がおすすめです。朝には、冬から春にかけての星座が見れて楽しいですよ~ 
それをしっかり観察してから、二度寝をすると気持ちが良いです。
「今、観れますか~?」 
うりゃーっ と天体を、早回しで9時間ぶん回します。
まるで、タイムマシン に乗っている気分で 気持ちいい!

8_20121130153041.jpg

「北極星が見たいんですけど」
 えっ。今、皆さんに見て頂いているのは、南の空 ですからぁ・・(汗)。
じゃ、ちょっと待ってくださいね~ と、いうことで、北の空に転回です。
今度は周りの景色も一緒に回転していきます。これぞ、私は世界の中心だっ って感じです。

そして、北の空になりました。みんなで、北斗七星をみつけて、そこ(柄杓(ひしゃく)の端)から
「1・2・3・4・5」っと、声を合せて計ります。  ありましたっ 北極星!
 
もう、「まち旅」ご一行様 一体となって 拍手 です。 
こんな感じは何年ぶりでしょうか? 満足、満足・・・。
「楽しかったぁ・・」口々に皆さんお礼を言われながら帰って行かれました。
青少年科学館のスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

10_20121130153040.jpg
写真右は、星のおねえさん、片桐愛美さん。
「秋の星空さんぽ」プログラムのシナリオを作成し、ナレーション・オペレーターをしてくれました。語りも構成も素晴らしかったですよ!

左は、プログラムのプロデューサー、稲永誠也専門員です。ドームに映し出される映像のプログラミングまでされたそうです。 すごいっ! まち旅演出の立役者です!

ここで、福岡県青少年科学館からお知らせです。

12月に開かれる「星と音楽の夕べ」
予約を受付中!
星空さんぽとクリスマスコンサートが一緒に楽しめる大人向けのプログラムです。

すごーく楽しみですね (^_-)-☆☆☆☆☆、
yatsも もちろん! 行きますよ~


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1483-3fe33a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)