お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


36 JR 久留米駅 バックヤードツアー 

2012年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

昨年3月の九州新幹線全線開業と同時に生まれ変わったJR久留米駅。
1日の乗降客は九州内で29番目の13300人。
そんな久留米駅の裏側を見学できるまち旅
「36 JR久留米駅 バックヤードツアー」が開催されたので、
実は鉄道マニアな(´▽`)朝倉2号が密着レポートいたします~。
a02_20121118174544.jpg

a01_20121118174544.jpg今回ご参加いただいたのは、10組34名の親子連れ。
久留米駅の裏側に入れるってんで、
子どもたちはコーフン気味。
何を隠そうこの朝倉2号も
わくわくドキドキしてましたw

最初に副駅長さんからごあいさつがあり、3班に別れて
久留米駅、久留米鉄道事業部(久留米運輸センター・久留米工務)を順番に見学開始です。 

a03_20121118174544.jpg「久留米駅」。
最初に連れていかれたのはみどりの窓口の内側です。
ここではマルスというシステムを使って特急券や指定券を発券していて、自動販売機とあわせると、1日の売上げはなんと1000万円!
見学中も切符を買い求めるお客さんが次々にいらっしゃってました。
いつもとは違う視点で見るみどりの窓口って、
ちょっと不思議な感じです。

a04_20121118174543.jpg次に向かったのは自動改札機の横にある精算所。

ここには列車の運行状況がわかるコンピュータがあって、
どの列車がどこを走っているのか、
何分遅れなのか、
ひとめでわかります。

a05_20121118174543.jpg

事故や災害で遅れがでたときに、特に役立つんだそうです。
皆さん、モニターの画面をのぞき込んで
感心しておられました。

車掌さんが列車内でキップを発券するのに使う
車内補充券発行機で
乗車券の発券体験もさせていただきました。


駅員さんに使い方を教えてもらいながら、乗車駅と降車駅を指定し発券ボタンを押すと、
ジジジ~っとキップが出てきます。
子どもたちは(親御さんも)目を輝かせ、車掌さん気分を味わってました。
a09_20121118174543.jpga10_20121118174615.jpga11_20121118174615.jpg

次は「久留米鉄道事業部久留米運輸センター」へ。
運輸センターと聞いてもピンと来ませんが、要するに運転士さんの職場です。
久留米事業部には甲種電気車(電車)の運転士さんと
甲種内燃車(ディーゼルカー)の運転士さん、あわせて40人が所属していて、
電車は鹿児島本線の鳥栖~大牟田間と長崎本線の肥前山口まで、
ディーゼルカーは博多駅から日田までを担当しているそうです。

a13_20121118174615.jpgここで体験したのが「列車運転シミュレータ」と
「自動起床装置起こし太郎」。

シミュレータはATS(自動列車停止装置)の訓練に使うもので1台550万円。

運転席に座ってレバーを引くと、
モニターの景色が動くので運転士気分を満喫できます。

a14_20121118174615.jpg

将来はJRの運転士になりたいという男の子もいて、
真剣に運転してました。


    

a15_20121118174614.jpg面白かったのが、自動起床装置起こし太郎。

ネーミングのセンスはどうかと思いますがw、

気持ちよく寝ている運転士さんを強制的に起こしてしまうスグレモノ、1台10万円でございます。

仕組みは簡単。

起床時間になると布団のしたにある空気袋が
膨らんだりしぼんだりを繰り返すんです。

さすがにコレは起きるしかありません。

参加者の皆さんは次々に寝そべっては、
キャーキャー
いいながら起こされてましたw


   

a17_20121118174641.jpg
最後の見学が「久留米鉄道事業部久留米工務」。

列車が安全に走ることができるよう、
線路を定期的に点検したりしているところです。

担当区域は鹿児島本線42キロ、久大本線50キロ、
日田彦山線の2キロの合計94キロ。

a16_20121118181652.jpg

工務の皆さん、カッコいいの~



a18_20121118174641.jpg
鉄製の重いバールやスパイキーハンマーを軽々と扱い、
まさに屈強な男の仕事って感じ。

「列車の安全はオレたちが守る」

って気迫がビンビン伝わってまいりました。

今回のバックヤードツアーはこれで終了。

a19_20121118182245.jpg



a20_20121118174641.jpg
クロちゃんグッズや運転士携行時刻表など、
嬉しいお土産をいただいてお開きとなりました。

皆さん、ニコニコしてお帰りに・・・ではなく、

まち旅と同時開催のイベント

「久留米ステーションフェスタ」で、
ミニトレインに乗ったり、クイズラリーをしたり、
お笑いライブを楽しんだり、

久留米駅を隅から隅まで満喫しちゃったのでした~。


(posted by (´▽`)朝倉2号)


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1471-a735442e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まち旅こぼればなし~JR久留米駅バックヤードツアー~

 11月11日に開催された「JR久留米駅バックヤードツアー」。 久留米駅や久留米鉄道事業部の並々ならぬヤル気を感じたまち旅でした。 回数を重ねることで、もっと楽しいプロ...

朝倉2号の楽しき日々 | 2012/11/19 22:49