お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


69 伝説のNo.1 スィーツ 「チーズ饅頭」づくり 

2012年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

 10/28(日)に開催された「伝説のNo.1スイーツ『チーズ饅頭』づくり」を事務局 taka が、レポートします。 
今回は、中央町の「萬栄堂」の店主である石橋さんからの手ほどきで、

・全国菓子博覧会で金賞を受賞したことがある「チーズ饅頭」
・水天宮総本宮にちなんだ上用饅頭「水天宮 恋ものがたり」
・上生菓子の 「練り切り」  

 の 3品 に チャレンジ しました。

a1最初に、「チーズ饅頭」 からチャレンジ。
まずは材料の紹介をしていただきましたが、
外皮の生地の配合は、企業ヒ・ミ・ツ。

饅頭の中に包むチーズを
1個ずつきっちりと重さをはかって、きれいに丸める。
    a2
このときの皆さんの表情はまさに童心に帰って泥団子を作っているといった感じ。
そのあと、チーズ饅頭の外皮生地を1個ずつ計量して、最後にチーズを生地で包みました。
  a3.jpg
次の作業は「水天宮 恋ものがたり」の外皮生地づくり。
生地づくりのレクチャーを受け、材料をみんなで交代しながら「まぜまぜ」。
これが、かなりの重労働 !
a4ここで一息タイム。
先に作った「チーズ饅頭」を試食用に焼いていていただきました。
早速、実食!
「焼きたてで美味しい、
 でも あちちちちぃっ~」


さすがに焼きたては、チーズが熱かったようです。

a5さあ、一息ついたところで、
「水天宮 恋ものがたり」の作業へ。
こし餡、白餡をみんなで丸め、先に作った紅白の生地に餡を包みます。
「指の腹に乗せてまわしながら包んで」と
アドバイスを受けながら、包んでいると、ここでハプニング!!
「違う色の餡を包んじゃった!」
まぁ、これもご愛嬌。

a6そうしながらも皆さん頑張って
こんな感じにできあがり、

あとは蒸し上がるのを待つだけ!

(#^.^#) 楽しみ・・・・



a7そして、ここで「チーズ饅頭」が
ちょうど焼き上がり。

「わぁ~うまそ~!」

a8最後は、「練り切り」作りに挑戦。

まずは、中に包むこし餡の重さを
きっちり量って、またもや丸める。
(もうここまで来ると「丸める」のは慣れたもの)
   a9
そのあと、外に包む白餡に思い思いに色を付け、
型に詰めます。

a10_20121031164814.jpgこんな感じに仕上がりました。

キレイですね。

「こんなに食べたら
 血糖値が上がりそう・・」


(@_@;) みなさん、たくさんお菓子が出来ましたね!
自分で作ったお菓子をそれぞれパックに詰めて、
お持ち帰りいただきました! みなさん、お疲れさま!
「萬栄堂」さん、ありがとうございました。
            (posted by taka)


a11_20121031164814.jpg

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1453-cba6c37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)