2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

19 風呂敷の本格手染と 包みかた講座 

2012年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

a1集合画像 12110/15(月)に開催された
「19 風呂敷の本格手染と 包みかた講座」を、
事務局 hama が、レポートします。

抜けるような青空の下、

爽やかな風が吹き渡る高良川の河原に
みなさんが集合しました。 

fukudaya早速、工房に入れてもらい作業に取りかかります。
まず、柿渋を塗った和紙に名前を親方に書いてもらい
カッターで彫ります。

布に置いた、名前の型紙の上から
米ぬかを混ぜた糊を置きます。(刷毛で慎重に…)


 a2道具たち画像 125



fukudaya2 途中は、親方の息子さんである若き後継者が
 お手伝いくださいます。
 糊の上からは、
 高良川の砂をふりかけます。


a5職人の技画像 152





 福田屋染物店の親方の
 見事な手技を披露して頂きますと

 「おぉ~お見事!」

 と、尊敬の声が思わずあがりました。


6高良川に干しました画像 160

 糊置きして砂をかけたら、
 河川敷で天日干し。

 ススキの穂が揺れて
 秋の風情たっぷりです。


乾くまでの間、お茶をしながら
暖簾や幕、手ぬぐい・・ などの作品を見せていただきました。

a7お茶と作品紹介画像 168  a8風呂敷のつつみ方講師画像 173

若いお嫁さんからは、風呂敷の包みかた講座 をしてもらい、
ますます風呂敷の魅力に惹かれていきます。


a9染め体験画像 201いよいよ藍染体験です。
たっぷりと藍を含ませた刷毛を左右に動かします。

これが難しい~。

なれた頃には終わり・・・。

何はともあれ、完成です!!
福田屋染物店総勢5人で、おもてなしいただきました。
参加者の皆さんも大満足でした。

まち旅風呂敷も染めていただきました!
完成品を見るのが楽しみです~。


a10完成画像 213

※10/28(日)の
「19 風呂敷の本格手染と 包みかた講座
(第2回)」は残念ながら満席ですが、
キャンセル待ち 受付中です。


(posted by hama)


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1439-8a6ad53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)