2018年4月~9月開催の「いつでもまち旅」の詳細を公開しました。皆さまのご参加お待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2017年秋のまち旅レポートは カレンダー アイコンをクリックして ご覧ください

まち旅キャラバン紹介 

作品で感じる「まち旅」

2012秋、まち旅プログラムを実施する ものづくり作家さんの作品を
キャラバンしよう。ということで始まった「まち旅キャラバン」。
ここで、事務局 yats から詳しく紹介します。

「作品(実物)で 体験プログラムを紹介しよう」
「参加した人たちに オリジナル土産を提供したい」

そんな気持ちから生まれました。
それぞれ、2012秋のまち旅のためだけに制作された オリジナル作品です。

キャラバン全体

キャラバンの様子。
それぞれの作品の前には、まち旅の体験プログラムの紹介が展示されています。

ここで、ひとつずつの作品を紹介しましょう。

末吉籃胎籃胎ブローチ Wing of heart (末吉籃胎漆器)

「まち旅をイメージして閃いた」(末吉)という閃き
ブローチ。ハートにも、翼にも見える、その形に注目
してください。色や模様がさまざま用意されています。

⇒ 17 使いみちは自由自在 「Ran-Box」づくり
(追加開催 11月4日(日) 10:30~12:30が決定しました)



現の証拠ぐい呑 (現の証拠)

寡作の作家・河北 徹 氏が「まち旅」のプレッシャーを受けながら生み出した渾身の作。色・風合いもひとつひとつ違うので手に取って選んでください。
⇒ 3 左党ノススメ



松山櫨和ろうそく & 線香  (松山櫨復活委員会)

「松山櫨復活委員会」の和ろうそく馬場水車場の線香
セット。日本の心と技が凝縮された貴重な商品です。
きっと贈り物にも喜ばれますよ。
⇒ 古民家で楽しむ 櫨の灯りと生け花
(※秋のまち旅のプログラムは終了しましたが、
「いつでもまち旅」でキャンドルづくり受付中)


福田屋てぬぐい・はなふきん (福田屋染物店)

暮らしに生きる染の文化を今に伝える高良川染。三代目がこれまた「まち旅」のプレッシャーを受けながら制作した貴重なてぬぐい、ふきんです。柄も色も素晴らしい。手に取ってお気に入りを見つけてください。

⇒ 19 風呂敷の本格手染と 包みかた講座



さいわいやのし袋のし袋 & ストラップ  (さいわいや茶包)

代々伝えられてきた、伝統の技・水引細工。
柏原一恵氏手作りの のし袋とストラップは、
ひとつひとつ色も形も違います。
手に取ると、きっとその美しさに魅せられます。

⇒ 23 水引細工の お正月リースづくり
(※「いつでもまち旅」も受付中) 


西原糸店久留米絣コースター

伝統の久留米絣が、可愛らしい洋服型のコースターに。思わず手に取りたくなる可愛らしさです。なんと、駄菓子のおまけつき。西原糸店ならではのセットです。(西原糸店)

⇒ あの若旦那と行く あきない通りつれづれ歩き
( ※「いつでもまち旅」受付中)


詳しくご紹介・・と言ったわりには、パッケージから出してないのでちょっと中身がわかりづらいですね!
(これを隔靴搔痒リポートといいます)

しかし、どれも、作品は力作ばかり。だから、是非 会場で手にとって中身をじっくり見て下さい。
秋のまち旅期間中に、皆さんに会えるといいですね。

★今後のキャラバン・スケジュール

10月28日(日) 19 風呂敷の本格手染と 包みかた講座
11月4日(日) 17 使いみちは自由自在 「Ran-Box」づくり
11月5日(月) 17 使いみちは自由自在 「Ran-Box」づくり 
11月6日(火) 23 水引細工の お正月リースづくり

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1436-f0053490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)