2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


13筑後川河畔の湯宿で奏でる日本の秋の夕べ 

2012年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

筑後川河畔の湯宿で奏でる日本の秋の夕べ 櫨灯りで天然鮎料理とミニコンサート

柳栄館
10/5に行われた、まち旅プログラム
13.筑後川河畔の湯宿で奏でる日本の秋の夕べを elster がレポートします!

舞台は片の瀬温泉・柳栄館。
ここは戦前・戦後の時代は
筑後川の上流から木材を運ぶ筏流しの中継点として大いに賑わったところです。

以前から、
木造建築に当時の面影を残す柳栄館で、
櫨の灯りで何か素敵なプログラムができるといいなぁと思っていたので、
今回のまち旅で念願叶いました!



音楽と食。やはり人生の楽しみはコレですね。

薄明かりになる頃、大きめな櫨の和ろうそくが灯され、
クラシカルな歌声で懐かしい曲が次々に演奏されました。

110_20121008104816.jpg

中でも印象的だったのは、歌詞に櫨が出てくる 「ちいさい秋見つけた」
日本人なら誰でも知ってる美しい旋律の歌ですが、なんと櫨のことを歌ってたんですよね。
和ろうそくの揺らぐ炎も心なしか喜んでるようでしたよ。

112_20121008105139.jpg


お楽しみはいよいよ二階のお座敷に続きます。

この日のために、elsterは、灯りアドバイザー・花柳寿寛福さんに灯りの演出をお願いし、
久留米の鉄人・井上雅晴氏にお食事用の鉄の燭台を作ってもらいました。

単純にろうそくの灯りで食べるといっても、実は灯りの高さが重要で、
位置を間違えると、何を食べてるのかわからない「闇鍋」みたいなことになってしまいます。

113_20121008105138.jpg

かねてから和ろうそくの灯りで日本舞踊を舞うなど、和の灯りの演出を研究してきた寿寛福さんは、
日本で使われてきた燭台の高さが、ちょうどお膳を明るく照らす位置でもあったことを指摘しました。
灯りの位置が低いと器の影になって、食べ物がよく見えなくなるのです。

またあまりに灯りの位置を高くすると、今度は対面した相手と炎が壁になってしまい、
お酒をつぐこともできなくなってしまいます。
そこでちょうど食べ物が一番美しく見える位置を計算して専用の燭台を作ったわけです。

IMG_7464+.jpg

ちょっと触っても動かない安定した鉄の燭台に、水を入れたガラスの容器を置いて、
水に浮かぶ「浮き櫨きゃんどる」を灯しました。
これは和ろうそくの芯に櫨蝋を金属の容器に流し込んで作ったもので、
容器は「ヘラ絞り」という職人技の金属加工で作られています。
この技術によって炎と水を両方生かし、安定感のある現代的な和の灯りを作り出すことができました。

114_20121008105138.jpg

ごらんの通り、とってもお刺身が美しく見えます。 片の瀬で捕れた鮎もウマーな感じ!

今回は本格的な櫨灯りで気軽に楽しめるお料理に挑んだ史上初の試みでした。細かい部分で至らないトコロは多かったのですが、全体的に満足していただいたようで、とっても楽しかったとお褒めの言葉もいただきました。

美しい櫨の灯りで楽しむ日本の秋の夕べ。

これからも、いろんな方に楽しんで頂きたいなと思っています。

皆様、どうもありがとうございました。 (posted by elster )

コメントありがとうございます

  いにしえの灯りのもとで       | URL | bali | 2012/10/08 * 編集 *

「筑後川河畔の湯宿で奏でる日本の秋の夕べ」に参加しました。
和蝋燭の灯りの中でのコンサートでは懐かしい曲を皆さんと一緒に歌い、
ゆったりとした気分に浸れました。

趣のある二階の広間での食事は、次から次に出てくるお料理に舌鼓。
初めは、ロウソクの灯りでは料理を目で楽しむことができないのではないかと、
少々不安に思っておりましたが、すぐに目が慣れて、
昔の人々は、こういう明るさで食事をしていたんだと思うと、不思議な気分でした。

ご一緒した参加者とのおしゃべりもはずみ、とても楽しい夜を満喫!
elsterさんや花柳寿寛福さんの灯りの演出、柳栄館、関係者の皆さま、ありがとうございました。
(久留米まち旅キャラバン、草野陶房・現の証拠さんのお猪口をお土産にしましたv-345

  ありがとうございます       | URL | elster | 2012/10/08 * 編集 *

美しい画像ありがとうございます(^^)V
実際にロウソクの灯りでごはんを食べられるのか?というのが大きな課題でしたが、櫨灯りだったらすんなり大丈夫でしたね!柔らかい明かりだったので、皆さんのお話もはずんだようでほっとしました。
おかげさまで、まち旅キャラバンの方も順調な滑り出しです。キャラバン隊は13日の六角堂でもお目見えしますよ!

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1422-d5d1cbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)