お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


1.美術館とガーデンレクチャー&SAKURA御膳 レポート 

2012年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

美術館とガーデンレクチャー7
3月31日に行われた「1.美術館とガーデンレクチャー&SAKURA御膳」を、ナビゲーターの yasue がレポートします。

昨日までの悪天候の予報が嘘のような春らしい晴天に見舞われた春のまち旅の最終日。
石橋文化センターで、まち旅プログラムが始まりました。



今の時期の石橋文化センターは、春のあたたかさを感じて、
花たちがゆっくりと開き始める特別な時期。
今日はその貴重な瞬間を、参加者の皆様に存分に味わっていただきたいと思います。

美術館とガーデンレクチャー2


まずは、本日封切ったばかりの石橋美術館特別展
「くらべる。つながる石橋コレクションーブリヂストン美術館開館60周を祝う1」 を、
真っ先にご覧いただきました。みなさん熱心に絵画に見入っておられましたよ。
ブリヂストン美術館(東京)の開館 60周年を祝う展覧会の第一弾となる本展。
ぜひぜひ会場に足をお運びください!

美術館とガーデンレクチャー3


美術館とガーデンレクチャー4
絵画の余韻に浸りながら、今度はもうひとつの芸術、
そう、園内のフラワーガーデンを、
レクチャー付きで鑑賞します。
今回の講師は、石橋文化センターの花壇(一部)の
ガーデンプランナーである中村茂氏。
普段何気なく見ている花壇は、全てガーデンプラン
ナーの計算のもとに作られています。

さっそくレクチャー開始!


一つ一つのお花の配置に込められた意味や、花の特性、植栽時期など、
詳しく皆さんにお話しします。

美術館とガーデンレクチャー5


参加者の皆さんは、じっくりと解説に聞き入っていました。

美術館とガーデンレクチャー9


美術館とガーデンレクチャー11
まだ完全に開いていない、開きかけのチューリップ。
全盛期直前のチューリップが、引き締まっていて一番きれいなんです。この時期のチューリップを見逃すのは本当にもったいない!この記事がアップされているころには、もう満開で、大きく開いた花びらを春風に揺られているころかもしれませんが・・・
花の最もすてきな瞬間をキャッチするのは、とっても難しく貴重なことなのです。

石橋美術館2階から見える小さな丘の花壇も、中村氏のデザインです。みんなで小道を歩きながら、花の種類の解説、植え方のポイントなどを教わります。



美術館とガーデンレクチャー6


中村氏の花を美しくレイアウトするこだわりは、参加者の皆様のおうちの花壇にも生かせると思います。
また、レクチャー後も熱心な質問が飛び交いました。例えば。。。

質問植え替えの為には、花がきれいな状態でも抜いてしまうんですか?

答えいい質問ですね~、
イギリスのことわざに「花壇の植え替えは子供にみせるな」というものがあります。
つまり、美しい花壇を維持するためには、きれいな花でも抜かなければならないんです

などなど、花の解説から豆知識まで、一時間みっちりガーデンレクチャーを楽しめました!

美術館とガーデンレクチャー8


レクチャーの後は、カフェ&ギャラリーショップ楽水亭にて、期間限定の「SAKURA御膳」
お召し上がりいただきました。
桜ごはん、白身魚の桜花蒸し、桜アイスなど、桜や春にこだわった食材をふんだんに使用しました。

今回のプログラムでは、石橋美術館の特別展を真っ先に見ることができ、また、春が訪れたばかりの
瞬間をキャッチすることもできました。絵画と春の花、ふたつの芸術を一度に味わえる貴重なプログ
ラムでした。参加者のみなさま、おつかれさまでした。(posted by yasue)

石橋文化センター公式HP / 石橋美術館HP

2012年春のまち旅博覧会実施レポート  2012年通年版「いつでもまち旅」プログラム一覧

コメントありがとうございます

         | URL | hotomeki@管理人 | 2012/04/07 * 編集 *

YASUEさま、レポートをありがとうございます。
最初、投稿者名を間違えてしまい申し訳ございませんでした。

カメラはサイバーショットですか?きれいな写真ですね~!
お天気も良かったし、素晴らしい内容のプログラム、
きっと参加者も満足されたことと思います。お疲れ様でした。

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1358-15b6077d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)