2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

18.つくって食べて学んで豆腐づくり レポート 

2012年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

豆腐づくり 1産直や蔵肆
3/31(土)に行われた「18.つくって 食べて 学んで豆腐づくり」に、まち旅事務局の hama が行ってきましたので ご報告します。

会場は久留米市国分町にある自然食品、無農薬野菜のお店「産直や蔵肆(くらし )」
豆腐を手づくりすることに憧れていた私は興味津々です。



小学 5年と6年生の姉妹も、お父さんと仲良く参加してくれました。まずは講義から!

豆腐づくり 座学


前日から水に漬けておいた大豆を、ミキサーですりつぶして「生呉」を作ります。
参加者のお一人は、すり鉢で頑張られていましたが、生の大豆はなかなか潰れません。

豆腐づくり すり鉢でつぶす
生呉を鍋にかけ、焦がさないようにゆっくりと混ぜながら 15分火にかけてから、布で漉して豆乳とおからに分けます。
豆乳は鍋に移し、70~ 75℃ に温度を保ち、2回に分けてニガリを打ちます。かたまりをお玉ですくって布巾に入れ、軽く重石をして 20分ほどおきます。
最後はボールに水を張って布巾の中の豆腐を水に放すと、豆腐の出来上がり!!


豆腐づくり 豆乳を火にかけて


身体にとって栄養満点のおからは宝です。次は、おからでお宝料理を作ります。
おからとジャガイモを混ぜた「おからコロッケ」「おからのヨーグルトサラダ」「おからのお焼き」、
などなど、あっという間におから料理が出来上がっていきました。

お楽しみの味見をしますよ~!
「どう?」「おいしい!」、と先生と小学生のお嬢さんたちの会話です。

豆腐づくり 味見


最後は、お待ちかねの試食タイム!
事前に先生が用意してくださった 2色の豆腐もいただきました。(一つは黒豆で作った豆腐でした

豆腐をお持ち帰り準備をしている時に、すり鉢で作ったお母さんの豆腐を、みんなで少しずつ
味見させていただきました。やっぱり、ひと手間かけると美味しいですね。
皆さん、味の違いにびっくりしてありました。(posted by hama)

豆腐づくり 試食

                         2012年春のまち旅開催レポート一覧

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1353-ba385451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)