FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

15.穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり レポート 

2012年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

『 穀物屋 森光商店 』さんから、写真と実施レポートが届きました。ありがとうございます。



穀物屋 森光商店
3月18日(日) 開催の 「15.穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり」のレポートを「穀物屋 森光商店」がお届けします。

プログラムでは、小豆の煮方、あんこの練り上げのタイミング、あんこともち米の割合まで、穀物屋オリジナルレシピで、おはぎづくりのコツを学んでいただきます。
当日の参加者は 10名、定刻の開始となりました。まずは、小豆の煮方から説明をしながら実際に煮ていきます。


水の分量の目安、茹でこぼし、火加減など詳しく説明していきます。お鍋が沸騰するまでの時間など
空いた時間は、参加者の皆様からたくさん質問をいただき、大変助かりました。
弱火で柔らかくなるまで煮る間、次の作業に取りかかります。

穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり1


あんこは事前に用意したものを使い、もち米も事前に炊いたものを。
まずは1個分に使うあんこと米の重さを、見本を作りながら説明し、それぞれ実際に
1個分の重さを計り包んでいただきました。

穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり2


「こんなに小さいんですね。いつももっと大きく作っていました」 など、
和やかな雰囲気で作業は進み、皆様大変上手に作られていました。
おはぎの成型が終わったら、いよいよ試食です。

穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり3


最後にあんこを練る作業です。小豆の煮加減を十分に柔らかくなったものと、もう少し煮た
ほうがよいもの2種類を味見して確認していただきました。

穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり4


穀物屋オリジナルレシピでおはぎづくり5
参加者の中にも「あんこ練りは初めて」という方がいらっしゃいましたので、あんこを混ぜる木ベラの手ごたえの変化を体験していただきました。その後、火を止める練り上げのタイミングを見ていただきました。火を止めた後は、木の板の上に広げ冷ますこと、木の板がない場合の家庭での工夫など質問の回答も含め、談笑しました。



全体を通して皆様熱心に聞いてくださり、質問もたくさんいただき
大変内容の濃いプログラムになりました。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。  平成24年3月18日 森光商店



穀物屋 森光商店 公式ホームページ
2012年春のまち旅実施・参加レポート一覧

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1339-fab4d622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)