FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

32. 天然の香水づくりと おきあげ雛のティータイム 

2012年春の久留米まち旅博覧会/ 五感に響くまち旅 P-9

※2012年春のまち旅の開催は終了しました。ご参加ありがとうございました。

32天然の香水づくりと おきあげ雛1


32天然の香水づくりと おきあげ雛2
花と緑のまち久留米のガーデンカフェ「インザガーデン」で、天然の香水づくりをしてみませんか。天然香料でつくるあなただけの香りです。また、筑後の伝統的なお雛様おきあげを見ながら、手づくりのお菓子でティータイムを楽しみます。

3/3 (土) 13:00~15:00



集合場所・会場/インザガーデン  アクセス/久留米市津福今町219
料金/2,000円  定員/10名  所要時間/約2時間
予約先/実施日の3日前までに要予約 /久留米まち旅博覧会事務局 電話0942-31-1730

ハートp22012年春のまち旅「天然の香水づくりと おきあげ雛のティータイム」レポートUPしました!

インザガーデン8


ハートp2「イン・ザ・ガーデン」 ホームページ
32天然の香水づくりと おきあげ雛4




インザガーデン10
「おきあげ」は本来は表具などにあしらわれる貼り絵の技法で、300年余り前に京都御所の女官が衣類などの余った布を使い、香箱や屏風にあしらって楽しみ始めたことから、上流階級の人々の間で流行しました。江戸時代中期に入って歌舞伎見物が盛んになると、人気役者の舞台姿を羽子板にしたりと、江戸庶民の間にも注目が集まり、一般の人々にも広く普及していったようです。
筑後の「おきあげ雛」は、今のような人形雛が普及する前、華やかな衣装を着せて顔師に表情を描いてもらい竹の棒をつけたものを、初節句のお祝いに贈っていたそうです。下絵師、面相師、押絵師などの専門家がいて盛んに作られたという、当時の庶民のひなまつり風景です。
(押絵作家・山口氏の資料から引用)



2012年春のまち旅概要プログラム一覧まち旅カレンダー事務局からお知らせ実施レポート

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1258-bf0f5626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)