2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


5.久留米城跡でふれる茶の湯の心 本格コースレポート 

2011年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

11/26 (土)、「5.久留米城跡でふれる 茶の湯の心」の本格コースが開催されました。
まち旅事務局の hamaがレポートします。

茶の湯の心本格コース1


茶の湯の心」の本格コース2

茶の湯の心本格コース3
久留米城は、江戸時代の久留米藩、約250年間を治めた有馬氏の居城跡で、城内には藩祖豊氏を祀る篠山神社や、歴代藩主の武具、工芸品などの有馬家資料を中心とした久留米藩政資料を主に展示する有馬記念館があります。
篠山神社にお参りすると、11/20 の「初心者コース」と同じく、今回も七五三の姉妹に遭遇しました。
かわいい~~

“おね~ちゃん、ほら、ヘリコプター”

久留米大学病院のドクターヘリ妹ちゃんは、ドクターヘリが気になるみたいでした。

さあ、いよいよ有馬記念館にて茶の湯の本格コース。
程よい緊張感の中はじまりました。
「久々にお茶会に来ました」といわれる方と、「初めてお茶会体験です」という方が一緒になるのが、まち旅のよさでしょうか。
素晴らしい床飾りに、とした雰囲気で気持ちが引き締まりました。

お炭手前は、先生の解説が有りよくわかりました。
これからゆっくり時間をかけて湯を沸かします。


待ちあい 炭手前


その間に、茶懐石をいただきます。次々に運ばれてくるお料理に目を奪われます。(きれ~い!)
季節を感じながら、ゆっくりといただきます。

茶の湯の心本格コース5茶の湯の心本格コース6


茶の湯の心本格コース10
茶懐石の後は、一旦退座して新たに席入りです。お菓子をいただいて、お手前を拝見。

茶の湯本格体験15

先生のお優しい一言に ほっ と和み、味わっていただくことができました。



茶の湯の心本格コース7


お客様同士の会話も弾み、楽しいお席となりました。
有馬のお殿様やお姫様が お城の中で開かれた茶会はこんな感じだったのでしょうか。
皆さま、ありがとうございました。(posted by hama)

まち旅実施レポート一覧2

コメントありがとうございます

  ★お茶席は日本人のこころ       | URL | ムッティー | 2011/12/17 * 編集 *

お茶席と言えば、着物!!

着物はどんな女性もおしとやにする、おしとやかに魅せると、写真を見てつくづく感じます。

日本人に生まれて、着物の魅力やお茶席の作法を感じることができてよかったです。

         | URL | hotomeki@管理人 | 2011/12/18 * 編集 *

ムッティーさん、カキコありがとうございます。(拍手コメントもサンキュe-415

着物をお召しの女性は見てるだけでも幸せな気分になれますね~。
こうしたプログラムで、日本の伝統と文化に触れ、
私も日本人で良かった、と誇りに思います。

日頃から親しんでる方にも、初めての方にも、
もっとたくさんの方に参加していただきたいと思いました。
ムツティーさん、来年もよろしくお願いします。

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1208-eec8ccb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)