2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

75.たらい舟でひしの実収穫体験と温泉でゆったりレポ 

2011年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

ナビゲーターの kana「たらい舟でひしの実収穫体験と温泉でゆったり」をレポートします。

10月23日(日)、会場の大木町へ出かけてきました。当日は曇り空で、雨も降る中での実施となりました。
このプログラムは昨年実施予定でしたが、気候の関係で中止になったので、
待ちに待ったプログラムの実施となり、8名の皆さんにご参加いただきました。

ひしの実収穫体験1
一旦アクアスへ集合して、皆さんの車でクリークへ移動します。

ここは、ひしが育つクリークです。
昔はたくさん育っていたそうですが、今ではたった2か所だけになってしまいました。
原因は草魚やミドリガメなどの外来種です。
このクリークにも草魚やミドリガメが入ってこないように、網が張られているそうです。



ひしの実収穫体験2
まずは、乗り方についてのレクチャーを受け、たらいの中に敷いたスポンジのようなものにお尻を乗せて、足を組みます。

絶対に立たないでくださいね!
と、厳重なるお達しも。

前かがみになり、手でひしの葉をかき分けて進みます。



ひしの実収穫体験3


ひしの実収穫体験4
ひし採り名人 の北島さんです。

この道何十年の大ベテラン!!
小さな頃からたらい舟に乗って、ひしを採っていたそうです。

名人は特注のたらいです。
簡単に乗っていらっしゃるようですが、
バランスがとっても難しいそうです。



皆さんたらい舟に乗ったところでポイントへ移動します。
ライフジャケットも着用して安全対策もバッチリ!

ひしの実収穫体験6ひしの実収穫体験5


水面に浮いているひしの葉をひっくり返すとひしの実がたくさんなっています。
名人にレクチャーを受けながらちぎっていきます。
時間が経つにつれ、収穫した実で袋がいっぱいになるのと同時に、たらいの中に浸水も・・・
でもご安心を。体験の後には天然温泉が待っています。

ひしの実収穫体験7


ひしの実収穫体験8
堀の周りからも、手を伸ばすと
ひしの実を採ることが出来ました。
こんなに長い根を水中に下ろしているんですね~。

ひしの実収穫体験9



ゆでたひしの実は栗に似た味で、滋養強壮などの効果もあるそうです。
ちなみに、生でも食べられます。
皮をむいて生のまま食べてみるとしゃりしゃりとして梨のような食感です。
ひしの実のおすすめの食べ方は塩ゆで!炊き込みご飯も美味しいそうですよ。

ひしの実収穫体験11ひしの実収穫体験12


体験が終わって少し休憩しながら試食を頂きました。

ひしの実収穫体験10


ひしの実収穫体験13
最後に名人の北島さんにお話を伺いました。
ひしが、外来種の草魚やミドリガメの影響で少なくなってしまったこと!
昔はクリークがたくさんあったこと!
この辺りは1mも掘ると砂が出てくるので、昔は海だったこと!

たくさんのことをお伺いし、貴重な時間となりました。

関係者の皆様、どうもお疲れ様でした。そして
参加者の皆さん、ご参加ありがとうございました!

(posted by kana)




2011年秋のまち旅概要 / 予約方法 / プログラム一覧 / まち旅カレンダー / 実施レポート

コメントありがとうございます

         | URL | hotomeki@管理人 | 2011/11/09 * 編集 *

kanaさん、写真とレポートをありがとうございました。
北島さんにお会いしてお話を聞いてたので行きたかったーー!!

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/1153-3c15a731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)