FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

3.門前町そぞろ歩きと おくんちまつり膳 のひととき 

久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/17

平安時代から鎮座する 「北野天満宮」。その門前町を歩いて、
10月に行われる 北野くんち にちなんだ特別ランチ 「おくんちまつり膳」 をいただきます。

北野の son がレポートします。

初めてのまち旅エントリーのプログラムには13名が参加。

3_1.jpg3_2_20181121214243bc4.jpg

コスモすまいる北野 の会議室で、まずは オリエンテーション です。
地元で 北野天満宮 の参道沿いを盛り上げようと活動している「菅公の女たち」 によるプログラム紹介。
そして、ガイドさんによる 北野の歴史講話 を聞きました。

北野天満宮 の正面の鳥居から入って、珍しい金と銀の うそ鳥 を見ながら参拝します。
真っ赤な楼門の下で、みんなで歴史に思いを馳せました。

3_3_201811212142440b6.jpg3_4.jpg3_6.jpg

3_7_201811212142496bc.jpg3_8_2018112121425073c.jpg3_9_20181121214252dc0.jpg

北野天満宮 を出たら、参道を歩きます。
ちょうど日本キルトの 参道美術館企画で、キルト(パッチワーク)作品を楽しむことができました。

西鉄甘木線北野駅や筑後川につながる陣屋川、コスモスが咲く街道など見て周りました。

3_10.jpgそして、いよいよ 特別ランチ
今日は日本産のうなぎを豪快に使った
「おくんちまつり膳」 です。
うなぎの味を生かした味付けに舌鼓を打つ皆さん。

そこに 三味線の演奏のおもてなし もあり、

皆さん北野町を満喫していただいたようです。
 

71.老舗ホテルの庭園を眺め Let ’s 英語でYOGA 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/15

71_2_20181119233509ae3.jpg創業明治15 年、格式の 「萃香園ホテル」
 ※萃香園ホテル → コチラ 
 
今回は、色づき始めた木々や池に面した、
ガーデンホール が会場です。

事務局 hama がレポートします。
 
オーストラリア人の丸山スーザン先生。
わかりやすくて、フレンドリーな人柄が人気Superヨガインストラクター です。
ホールは、カラフルなヨガマット が並べられて、これまでにない光景のなか、レッスン が始まります。

71_3_201811192335107b6.jpg71_5_201811192335124fc.jpg71_6_20181119233513ed1.jpg

用意頂いたテキストを参考に、英語を交えてヨガ♪
みなさん、初心者でも安全に取り組める…とはいえ、一見 難しそうなポーズにも果敢にチャレンジ!
お見事ですね~

先生の指導は、とてもわかりやすくて、身体も気持ちもすっきり。

71_72.jpg71_102.jpg71_112.jpg

レッスン後は川村社長室長からのご挨拶。
レストラン「フォン・ド・クール」 で、身体がよろこぶ ホテル特製の健康コース料理 をいただきます。

71_12_20181119233519154.jpg【オードブル】秋刀魚のマリネのニース風サラダ
【スープ】豆・野菜の具だくさんスープ
【魚】鮭の香草パン粉焼きと黒米じゃが芋のリゾット
【肉】豚フィレ肉のサルティンボッカ メスクランサラダ添え
【デザート】カボチャのタルトと赤ブドウシャーベット

ヘルシーで、しかも心満たされる料理。
 
重厚なホテルの階段で、シェフも一緒に記念撮影。ごらんください、みなさんの笑顔。
ココロもカラダもスッキリ満たされるプログラム でした。

71_13_20181119233522028.jpg

68.かっぱ駅でちょいと一杯 利酒師とおすすめ地酒 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/20

事務局 hama がレポートします。

今宵の会場は、今年の夏リニューアルしたばかりの田主丸駅。
かっぱ駅舎の顔、嘴(くちばし)の黄色も頭の緑色も色鮮やかになり、これまで以上に撮影スポットとしても人気になっています。
駅には 「KAPATERIA(カパテリア)」 というカフェがオープン。

①④

今回のまち旅では、そのニュースポットを舞台に地酒を楽しもうという企画。夕方17:30スタートです。
大きな窓からは、ホームに入ってくる久大本線の赤い車両がすぐそばに見えますね。

⑥ナビゲーターはお酒のプロ・田主丸町の酒店「後藤商店」の後藤芳広さんです。
まずは、ウェルカムドリンク。
巨峰ワインで乾杯
若竹屋さんの純米酒をはじめ、冷やで飲むのがオススメのお酒から、燗がオススメのお酒まで筑後の地酒を次々と飲み比べます。
間に日本酒の勉強もしっかり・・・。
つまみは、田主丸で評判の「おとんの惣菜」謹製です。


⑧⑩⑨

これまでのレクチャーを振り返り、なんと日本酒クイズ!もありました。
成績上位の人には、プレゼントが。

⑫⑪

⑬最後はギターの弾き語り、後藤さんの美声で、大いに盛り上がりました。
曲目は、「糸」(中島みゆき)。
なぜ めぐり逢うのかを
わたしたちは なにも知らない・・♪

運命の糸、縁を感じつつ・・
みなさん、しっかりたっぷり飲んで満足。
久大本線に乗ってゴキゲンで帰途につかれました。

駅っていいですね。


毎週金曜日には、夜カフェ? などいろいろ企画もあるようです。
どうぞ、カパテリアの情報をチェックしてみてくださいね。

カパテリア → こちら

73.幹部候補生学校生 前進!武装障害走見学 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/5

事務局 hama がレポートします。

陸上自衛隊の幹部候補生学校は、日本でここ 久留米 だけ。
今回は、候補生が武装して走る 「武装障害走」 を間近で応援するプログラムです。

p-1_2018111918513212e.jpgp-5IMG_7225.jpg

まち旅のナビゲーターは、お久しぶりの坂梨広報班長。

武装障害走は、距離2.2㎞、高低差は70mもある自然の起伏を使った演習場で行われます。
断崖あり、丸太あり、ロープや川など過酷な障害を乗り越えて行く厳しい訓練です。
内容を事前にレクチャー頂き、バスで障害走の演習場まで移動します。

p-7_201811191851228dd.jpgp-9_20181119185123c25.jpg

すぐ近くでその訓練を目の当たりにして、想像以上の迫力に参加者のみなさん、カメラ片手に応援にも力が入ります。

p-10_20181119185124141.jpgp-11_201811191851264e3.jpg

途中で雨がパラついて来ましたが、ヘリコプターや戦車もすぐ近くで見学。
機体のドアを開けて内部を見せてもらったり、戦車の上から中を覗いたりなど、みなさん熱心にその装備に見入っていました。

p-12_2018111918512746d.jpgp-13_2018111918512995c.jpg

史料館見学の後、大食堂で幹部候補生のみなさんと同じメニューの食事を頂きました。

p-14_201811191851301be.jpgチキンカレー、野菜サラダ、梨、牛乳。

日々、厳しい訓練を行っているみなさんの食事ですから、結構なハイカロリーになりました。

ごちそうさまでした~。


14.世界のブリヂストン 社長室から社食まで特別な社会科見学 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/19

10月19日に開催されました 大人気のプログラム を事務局 Yori がレポートします。

14_48.jpg14_49.jpg

このプログラムは 工場見学 の後、社員食堂で昼食をいただく という、
まち旅でしか体験できない貴重なプログラム となっております。

工場内ではまずビデオとスライドで、ブリヂストンの歴史や現況 についての説明があります。

14_50.jpg14=52.jpg

その後専用デッキからの 工場見学 と1931年に久留米で創業した当時の社長室など、歴史 をたどるスペースなどを見学。
創業当時のタイヤや、普段は見ることができない珍しいタイヤなどが展示されています。

皆さん熱心です・・・

14_60.jpg14_62.jpg

会社の 技術の高さ社会貢献 に皆さん感動されていました。

14_66.jpg工場見学 の後は皆さん待ちに待った
社食 をいただきます。
社員食堂 では栄養士さんの
お話を聞いてからいただきます。

美味しそうです!
 
お土産は オリジナルのミネラルウオーターブリヂストンロゴ入りの帽子 をいただきました。
それに最初に撮影してもらった写真もいただきます。
皆さん嬉しそうです!
本当に貴重な体験ありがとうございました。


23.心のままに自分を織る さをり織り一日体験 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/14

アートな絵画や作品で知られる、
久留米にある就労事業所 「スタジオヌッカ」 のアトリエで、
好きな色を使った自分だけの ストールコースター を織ります。

まち旅事務局 hama がレポートします。
ストール2名、タペストリー3名、コースター3名の計8名。
希望者が多かったため、急遽スタジオが織機を増やしての対応になった今回の体験。

23_23.jpg23_08_20181116210612631.jpg

申込みの時に希望した色を、スタジオの方であらかじめ準備して頂いてました。
同系色の色々な糸が揃えてあり、マニュアルも準備されていて、
もうそれだけで ワクワク です。

そして 集中の 織物作家 になる時間。

23_03_20181116210614dc0.jpg23_62.jpg

23_52.jpg23_110.jpg

マンツーマンの指導は、とても親切でわかりやすかった!

ストールは 100センチ超の作品 になりましたよ。

23_035.jpg作家体験後には、
レストラン「カタルキッチン」特製スイーツ!
人気のドリンクと一緒にいただきました。

「あっという間に時間は過ぎ、
出来上がりに皆さん満足満足。
迎えた私たちもほっ」


とナビゲーターさんたち。
 

23_003.jpg

楽しい時間をありがとうございました。

 ※Like Lab(スタジオヌッカ、カタルキッチン) → こちら 

21.良縁を結ぶ 久留米水引細工のさげ飾り 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート10/25

まち旅事務局 hama がレポートします。

北野天満宮の参道沿いにある 「さいわい屋」
この 門前町 で、明治時代から 結納一式 を手掛けてきた 老舗 です。
 ※ さいわい屋 → こちら 

結納に欠かせない 水引細工 は、人と人、心と心を繋ぐもの。

その 水引 で、壁掛けのさげ飾り をつくります。

集まったのは、若手を含め幅広い年齢層の女性たち。
和室と洋室、二部屋を繋ぎ、大勢の体験者 を集めてスタートです。

21_42.jpg21_38.jpg

テーブルの上には、
あらかじめ先生が準備した 水引の小品 が、それぞれの席に用意されていました。

そして、今回習うのは 「あわじ結び」
あわせて、小品 を繋ぎ、さげ飾り に仕上げます。
今回の飾りは、通年(一年を通じて)下げられる壁飾り になりました。

21_43.jpg21_44.jpg21_45.jpg

21_53.jpgよい事がありますように…
と、静かに心をこめて作り上げる 充実感

熱心なご指導を、ありがとうございました。


  o(^▽^)o サンキュー