FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

14 利休にたずねて 「美」の形を追う 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

外観台風19号が九州に迫ってきた10月の土曜日。
「直撃しないといいね・・」と願いつつ・・

草野町の現の証拠で、みずからの手だけで器を形づくる「手づくね」体験が行われました。

作るのは、抹茶碗。
報告は、事務局 yats です。

手元参加したのは、福岡市、小郡市の方々です。 
実は、台風が原因で沖縄から飛行機が飛ばず、
一人の方は止む無くキャンセルになりました。
残念~!

受講生のなかで茶道経験者は1名、
それ以外の方々は
「習っていないけど、お茶碗が作ってみたかったぁ」

製作中

「手づくね」しながら、河北先生の話の面白いこと。
作る器で参加者の皆さんの性格も言い当ててしまいます。
「けっこう、サバサバした、豪快なタイプですねェ・・」なんて言いながら、
器づくりのアドバイスも的確です。

撮影 料理の映える器づくり・・ということで、
和食の世界で
料理人からの支持率は非常に高く、

今回の「ミシュラン福岡・佐賀版」に掲載された
久留米にある5店舗のうち、3店舗で
「現の証拠」の器が使われている・・
というから、さすがです。

記念撮影三人

それぞれ、二つづつ作った抹茶碗、「伊羅保茶碗」「天目茶碗」に仕上げて頂く予定です。
早ければ(天候次第ですが)、あと半月で出来上がるということです。楽しみですね。

ランチ
そして、なんと・・、驚いたことに、
作業が終わるころに
お昼ご飯をご用意いただきました!
奥様の手づくりの素敵な秋の料理です。

栗ごはん、柿のサラダ、
キノコの吸い物、コロッケ・・
どのお皿もおいしい
秋の溢れた、素敵な食卓でした。

抹茶そして、河北先生がお茶をたてて下さいました。

その傍には、
陶房の庭で収穫されたブルーベリーで
奥様が作ったゼリー。

「あー、しあわせ」

みなさん、お腹もココロも満たされて、
とても喜んでおられました。

河北先生、奥様
ありがとうございました!


22 くるっぱ椅子つくろ! 巨大迷路で遊ぼ! 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

久留米市役所で、「くるっぱ椅子」を作りました。 事務局 yats が報告します。
受付
会場は、市役所4階。
エレベーターを降りると、
くるっぱが い~っぱい
なんだか、うきうきしてきました。

くるっぱ椅子
今日は、段ボールと接着剤で
椅子を作ります。
段ボールは、
リサイクルの優等生
その上・・案外 丈夫。
40~50㎏の人が座っても
ダイジョウブ!なんだって。
すごいですね~。

今回の企画は、

大国段ボール工業㈱ さん 

の協力で実現しました。
寺澤さん、ありがとうございました!

巨大迷路会場に入ると、じゃ~ん!
段ボールでできた
巨大迷路がありました。
さっそく、中に入って遊びます。
段ボールだから、
体当たりしたって大丈夫。
○○ちゃーん!
迷路の中に入ったら、
自分の子どもの場所もわかりません。

椅子づくりしっかり遊んだあとは、
段ボールは「エコの優等生」の話を聞きました。
すごいね、段ボールって。
 
そして、さっそく椅子づくりに取り掛かります。
カットされた段ボールを組み立てて
接着剤でつけるだけ・・
ちっちゃなお友だちにも出来るように
あらかじめ準備された材料・・
のはずでしたが、
やっぱり、お母さんや
お父さんががんばります。

くるっぱクイズ

途中、くるっぱも現れて、 くるっぱクイズコーナー も始まりました。
「くるっぱの頭の皿のまわりには、何個ヒラヒラがついているでしょう?」 とかね。
「ハーイ」 「ハーイ」 元気な声が響きわたりました。

くるっぱとのふれあい
「一緒に写ってよ、くるっぱ。」

お祭りやイベントで出会うくるっぱより、
ず~っと近くで触れあえて、
お友達もみんな、満足そうです。

ほらほら、椅子づくりも
ちゃんとしようね。

接着
接着剤がちゃんと付くように
全体重を使って、押さえます。

しっかり、くっつけ~

後半は、お父さんやお母さん、
おばあちゃんたちが、
くるっぱの目やほっぺをつけたり、
椅子の座るところを組立てたりと
一生懸命に頑張りました。
みんな上手に出来ました~ パチパチ

集合写真

午後の部 開催の様子を、動画でもどうぞ! 
   

64 眼下に広がる地上の星と満天の星空の観月会 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s1_2014101101042522a.jpg
池町川倶楽部会長
ヒデキさんの企画で行われた観月会。
事務局 hama がリポートします。

西鉄久留米駅近くのデパート
久留米岩田屋の屋上
『SORA-IRO広場』が会場です。

6時過ぎには
見事な月が上ってきました。


s2_20141011010426e9b.jpg  s3_201410110104215f8.jpg

定員30名を超えて41名の方々が参加。早速、美味しいお料理とお酒を楽しまれました。
s4_20141011010422928.jpg

ステージが始まりました。 州峯会の西峰輔氏の三味線と唄は本当に見事でした。聞き惚れました~。
s5-1.jpg s5-2.jpg

s6_20141011010436eb6.jpg藤間先生の踊りもご披露いただき贅沢~! 
なステージでした。

御着物姿の男衆も決まっていました。

池町川倶楽部のヒデキさん、
粋な大人の企画どうもありがとうございました。


79 ベビータッチケアと美肌ランチ ママも幸せな時間 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s1_20141011002751400.jpg久留米市篠原町にある
『ごごのひだまり』で行われた、
可愛いい企画。
事務局 hama が、リポートをお届けします。

到着したママたちは、たんぽぽコーヒをいただいて
先ずはほっと一息。


s2_20141011002752b16.jpg  s3_201410110027467a5.jpg

s4_2014101100274805a.jpgこのベビータッチケア、
ひとみ先生が教えてくださいます。

s5_20141011002749ca3.jpg

普段はお姉ちゃんに取られてしまうママを、
今日は独り占めして嬉しそうな赤ちゃんです。

s6_20141011002806d62.jpg

裸んぼーになった赤ちゃんにセサミオイルをたっぷりつけてベビーマッサージ。
肌と肌を通して心が通う時間です。 なんだか気持ちいい様子の赤ちゃんたち・・・。

s7_20141011002807425.jpgs8_20141011002801c26.jpgs9_2014101100280347d.jpg

s10_201410110028043af.jpgゆっくり時間をかけてマッサージしてもらった赤ちゃんたちは、
ぐっすりとお休みタイム。

その間に、
ママたちにはご褒美の・・
美肌ランチです。

s11_2014101100281448a.jpg
「明日同窓会があるから、
お肌つるつるになって嬉しいわ~♡」

「いつも頑張っているママたちに、
ほんのひとときでも
ゆっくりと食事をしてもらいたい。」

ひとみ先生の優しい気持ちのこもった
幸せなランチタイムでした。


67. 落語会と美味しい横町 紅小路案内 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

酒、料理、ジャズ喫茶など通のあつまる店がいっぱいの「くれない小路」を舞台に落語会はいかが?
事務局 hama がリポートします。

s1_20141009215923c17.jpg10月4日(土)に開催されました。

暮れはじめた紅小路に

ぽつぽつ

と店の灯りが
点りはじめたころに、
一人また一人と
『紅小路しゅうかいじょ』
に人が集まります。


s2_20141009215921748.jpg
今回の落語会

落語長屋のみなさんのプログラムで、

ナビゲータは

『よか亭 十老(じゅうろう)』さん。

s3_20141009215920cbd.jpg
柳川市出身で柳家花緑さんのお弟子さん
『台所鬼〆(だいどころ おにしめ)』
さんが登場して
落語を2席披露。

s4_20141009215932487.jpg定員を超えるお客様に

『紅小路しゅうかいじょ』 は

満員御礼 です。

笑って 笑って、
眼に涙がにじむほど笑いました。

s5_201410092159267dd.jpg

s6_201410092159245f8.jpgさて、お腹がすいたところで
紅小路にある美味しいお店、

ギョウザの娘娘、
ジャズ喫茶のエイトモダン、
魚の美味しい魚女心、
うどんの蛙屋、
鉄板焼きのスタミナボス。

落語長屋のみなさんの案内でくり出しました。

粋な大人の遊び を

久留米の路地裏で愉しんだ夜でした。



38. 古地図片手に「ブラ☆モリ久留米」池町川編 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

秋晴れのさわやかな朝、西鉄久留米駅の観光案内所前に集合。
本日のナビゲーターは、久留米日日新聞のモリさんです。
レポータは hama でお届けします。

s 1
早速、電車で ひと駅 移動します。

隣りの「櫛原駅」で下車して

池町川を辿る旅

に出発です。

s2_20141009203719021.jpg
南薫町の細~い道を

くねくね~

と歩き、久留米中央公園の
陸上競技場の駐車場あたり・・に
出てきました。

s3_20141009203717c30.jpg
「筑後川から水を引いて、地下のパイプの中を
水が通っていくのですが

ここで一瞬

地上にパイプが出るところです。」(モリさん)

と、マニアックな説明が始まります。

s4_201410092037217fb.jpg堤防まで歩いて、筑後川から水を引き込むあたりを見ました。
その反対側に広がる久留米の街もゆっくりと眺めます。

陸上競技場の駐車場にもどってきて、
アスファルトの質感の違うとことに立ち止まり、
「この下を池町川が通っています。」(モリさん)
「え~ぇ!この下ですか!」
「微妙に舗装が違う感じがするけど、そうなんだ~。」
ここもふつうは絶対見過ごします。

s5_20141009203715406.jpg

再度パイプが地上に出てきているところ

・・の横を通りぬけて・・・。

てくてく歩いて・・・、

中心市街地に入っていき、交通量の多い道路の側溝の中をのぞいて、「これが池町川です。」(モリさん)
中には、ゴウゴウ音を立てて水が流れていきます。  凄いですね~!

s6_201410092037368c6.jpg s7_20141009203735b70.jpg

s8_20141009203741a9b.jpg
東町まで来て、
「ここが池町川の起点です」 

と、いきなり川が流れています。

「今まで不思議に思っていたんですよね。
この川は何処から流れてきたのだろうって。
あぁ~すっきりした!」

s9_20141009203739174.jpg

s10_20141009203738d44.jpgすっきりしたところで、記念の集合写真パチリ!

この後は、地上に出てきた池町川を辿って
JR久留米駅まで歩きました。

いつも見ていた池町川に
こんな 生い立ち があったなんて、
参加して本当に良かった。
そう思った一日でした。


66 老舗蔵元の女将直伝 日本酒カクテル 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

これからの季節、仲のよい友達とホームパーティ!なんて素敵ですよね?
今回のプログラムは、そんな時に大活躍のレシピがたくさん


66 老舗蔵元の女将直伝 日本酒カクテル
レポートを、risa がお伝えします

①IMG_2983
 北野町にある文政元年(1818)創業の老舗、
 山の壽酒造での開催です。
 大人気で予約もすぐ 満員 になりました。

 到着すると
 ウエルカムティのおもてなし(*^_^*)
 紅茶の香りでリラックス~


 ②IMG_2876

 こちらが 女将 の山口さん。

 楽しいお話のなかで
 気配り の大切さを教えてもらいました。
 テーブルのお花などの心遣いが さすが です。


カクテルや紅茶は、専門の方から教えていただきました。
スッキリ飲めそうな爽やかなカクテルや ジュース みたいに甘くて飲みやすいカクテル…
どれも美味しくて、皆さん 笑顔(*^。^*)

③IMG_2891  ④IMG_2861

小さなサンドイッチや一口おにぎりなどのアミューズブーシュも
ひと手間 で驚きの美味しさに!
レシピもチェックして、帰ってからも作ってみなきゃ !(^^)!


⑤IMG_3032お土産の箱の中にはきれいな花束
花束を持ち歩くのが照れくさい男性への 考慮 や
菓子箱等の再利用の 知恵 など
女子力アップ のポイントを
たくさん学ばせていただきました。

参考にして ワンランクアップ した
ホームパーティをやってみるぞ~(^o^)/