FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

49. 穀物屋の手ほどきでおはぎづくり 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

1_201410211728474f7.jpgブリヂストン久留米工場正門近くにある「穀物屋」。

穀物のセレクトショップの店内は、
いろいろな穀物の販売コーナーと
カフェスペースがあります。
定員8名で満席のプログラムが
スタートしました。

レポーターは yori です!


2_20141021172846931.jpg参加者の中には、
小学校4年生のお嬢さんも。

奥様の代りに
急遽参加のご主人も
挑戦します。

今回は2種類の
おはぎをつくります。

料理を教えていただくのは、
店長の村上さんです。

3_20141021172844720.jpg3歳の御嬢さんは
お母さんとお揃いのエプロンで
参加です。

4_201410211728505ad.jpg

おはぎを作る前に、嬉しいことに最初から試食です!
村上店長の説明を聞きながら、
まずは「大豆のサラダ」
続いて「ひよこ豆と青菜のトマト煮込み」
最後に「いろいろ豆のスープ」と。

参加者の皆さん
「豆料理は甘く煮ることが多いので、
今日はいろんな豆を頂けて嬉しい」
とのこと。「私はこれが好き」だとか、
「さっそく家で作ろう」とか皆さん楽しそうです。 
奥様の代りに急遽参加のご主人は、マイエプロン持参で、とても熱心に質問、
「これはパンに挟んだら美味しそう」と、さっそく今日作られるようです。
5_20141021172849f61.jpg結構おなか一杯になってきたところで、
メインのおはぎです。
小倉、きなこの2種類をつくります。

まずこれも試食を頂いて
2種類のきな粉の中からどちらかを選びます。
小豆を煮るところから始まります。
皆さん交替で鍋の小豆を混ぜます。
小学生の御嬢さんも熱心に小豆を混ぜます。
小豆が煮えたら、佐々木餅屋さんから譲り受けたという、長板に小豆を分けて載せていきます。

6_201410211729058db.jpgバットに乗せるより、板の方が小豆の水分を吸収して
ちょうど良い硬さになるそうです。 なるほど!!

それから冷えた小豆を丸めます。
そして今度は炊飯されたもち米を丸め、
好みできな粉用と、小倉用にわけ5個作ります。 
 7_2014102117290450d.jpg
完成したら1個は自分のご褒美にいただきます。

8_20141021172907b96.jpg皆さん
「美味しかった~」
と言いながら、
残りのおはぎはお土産です。
お好みの雑穀も忘れないようにお買いもの♪

きっとご自宅でも、美味しい雑穀料理ができたことでしょう。


56 農家でアウトドア! 森あそびと竹筒料理 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

1_20141019221722de6.jpg収穫の秋、耳納の山の麓では、
柿の木が色づき、田んぼは黄金色に輝いています。
今日は、百笑倶楽部・田中家の周りで
森遊びの一日です。

秋晴れの気持ちの良い朝、
二十数名の大人と子どもたちが揃いました。
事務局 yats がお伝えします。

百笑倶楽部には、大きな楠がたくさん生い茂っていて、その枝にロープでつくったブランコにハンモック。
さっそく、子どもたちの大好きな森遊びがはじまりました。
「わーお!」 「ひゃっほー」  森の中には子どもの歓声が響きわたります。

6_20141019221740c4c.jpg

庭には、前日に切り出してきたたくさんの竹筒が用意されていました。
その竹を使って、器を作ったり、箸を作ったり、料理を作ります。
竹の先生に、ノコギリの使いかたや、小刀の使いかたをしっかりと教えてもらいます。
大人は、近くで子どもの遊びを見守ったり、おしゃべりに花を咲かせたり・・
黄色いツワブキの花が咲く庭は、とても清々しくて、まるで森林浴の気持ちよさです。

2_201410192217206d9.jpg 3_20141019221725d63.jpg 4_2014101922172481f.jpg 

7_201410192217385fb.jpg お手伝いの人たちは、さっそく竹筒に牛肉ごはんを仕込みます。ひとつの竹筒でお米4合。
まち旅のために、親戚やご近所がたくさん手伝いに来てくださいました。

写真は、太い竹をくり抜いて、
竹筒の中にお米と肉や牛蒡を入れた様子です。
 8_20141019221737402.jpg
見えますか?
この竹筒を炭火の上にかけて、ご飯焚きです。
さて、うまく炊けるでしょうか?

9_20141019221735216.jpgほかにも、竹の器が、たくさん用意されていました。

採れたての竹を輪切りして、ヤスリをかけ、
立派な食器ができていました。
なんて、心のこもったおもてなしでしょう!
みなさん、ありがとうございます。

その器に、雑穀米と豚汁をよそってもらいました。


5_20141019221721016.jpgそれだけではありません。
「秋の小川」と名付けられた、優に50メートルはある
立派な竹筒の空中水路ができていました。

これはすごい!

この水路で 最初は、笹舟遊びで楽しんで・・

10_201410192217425f4.jpg

ぶどうや素麺を流して頂きましたよ。


11_20141019221751508.jpg焚き火には、サツマイモをホイルに包んで投げ入れます。 「お・い・し・い♡」
   13_20141019223456c3b.jpg

もう、遊びいっぱい、おなかいっぱい。 とっても楽しい一日でした!
12_20141019221753196.jpg

開催の様子を、動画でも どうぞ。
  


69. 酢蔵で身体よろこぶドレッシングづくりとビネガーランチ 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s01_20141019203449abe.jpgまち旅レポーターの (´▽`)朝倉2号 です。

お酢づくり300年、
大川市榎津にある庄分酢で開催されたまち旅、

「酢蔵で身体よろこぶドレッシングづくりと
 ビネガーランチ」

をレポートします。

s02_2014101920345133a.jpg
宝永8年(1711年)に酢造商いを始めた庄分酢。
江戸時代、大川市のあたりは
久留米藩と柳川藩に分かれており、
庄分酢は藩ざかいのすぐ近くにあります。

  ※庄分酢の公式サイトは → コチラ

   庄分酢のフェイスブックページは → コチラ

s03_20141019203452fdd.jpg 白壁の古いお店のなかに入ると
ほんのりお酢の香り。
米酢、アップルビネガーなどなど
いろんなお酢やドレッシングが
並んでいます。
  s05_201410192034478cb.jpg
庄分酢のお酢を使ったドレッシングづくりを
教えて頂いたのが、
14代目の奥様、高橋陽子さん。

s06_2014101920350973e.jpg今回はリンゴを砕いて発酵させた
アップルビネガーをベースにした
2種類のドレッシングを作りました。
s09_20141019203506250.jpg
参加者はほぼ女性、
「酢蔵で身体よろこぶ」 ってところに
ビビッと来たようです。
皆さん円卓をぐるりと囲んで、
アップルビネガーを計量カップに計りとり、
サワークリームやきび砂糖、オリーブオイルなどを加えてまぜまぜします。

s07_20141019203510bbb.jpg s08_20141019203504484.jpg s10_20141019203507c36.jpg
できあがったドレッシングは茹でキャベツにかけてさっそく試食。
「おいし~♪」 という声がそこら中で聞こえてました。

s11_20141019203527577.jpg続いて酢蔵見学です。
すっぱいお酢の香りに満たされた
昭和5年築の酢蔵のなかで、職人さんから
お酢づくりのお話を聞きました。

蔵に並んでいる木桶のなかでは、
お米→お酒→お酢 という発酵が起こり、
3ヶ月ほどかけてお酢ができあがるのです。

s13_201410192035228c5.jpg
別の建物には大きなカメが埋まってて、
玄米黒酢を製造中。
 s12_2014101920352842e.jpg

皆さん体を乗り出して、
カメのなかをのぞき込んでましたよ。

s15_20141019203525d81.jpg最後は皆さんお待ちかね、
お店の2階にある“酢 リストランテ ショウブン”で
お酢をたっぷり使ったビネガーランチです。
  
  s14_20141019203524862.jpg

食前酒ならぬ食前酢のぶどう酢に始まり、


s16_20141019203543db1.jpg
前菜の盛り合わせ、サラダと続き、
メインはサーモンのソテー
フレッシュトマトアンチョビソース、

ちらし寿司とお吸いもの、これにデザートまで。
見た目もきれい な料理の数々に、
思わず歓声があがります。

s19_20141019203540c27.jpg お酢を使った美味しい料理に
会話も弾みます。
それはもう、
今日はじめて会った人同士とは思えないほど。
  s18_201410192035397e8.jpg
「あのまち旅はね・・・」
それぞれが行ったまち旅の話、
「巨峰の産地で・・・」などなど地元自慢、
「うちの孫がね・・・」などなど家族の話。
わぁわぁ盛りあがりました。

 s21_201410192035581fe.jpg

というわけで、楽しくて美味しいまち旅はこれでおしまい。
お手製のオリジナルドレッシングと、買い求めた美味しいお酢をいっぱい抱え、
皆さん満足げにお帰りになりました。
ご自宅でも美味しいお酢の料理を楽しんでおられることと思いますよ。

40. 祈りよ 届け! 如意輪寺の護摩焚き 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

1_20141018171019d74.jpg「かえる寺」として知られる小郡の如意輪寺。
その如意輪寺で 護摩焚きのご祈祷に参列し、
ご住職から説法をいただき、そして近くのスイーツまで
愉しんじゃおうという欲張りなプログラム。

「まち旅」の申込みは大人気で、
定員枠を増員しての開催になりました。
(それでも参加できなかった皆さん、ゴメンナサイ)
事務局 yats がお伝えします。

当日は、秋晴れの気持ちの良い朝。
早く到着した参加者は、みなさん境内を
楽しそうに散策しています。
(←本堂横「かえる部屋」のかえる様)

4_20141018171022665.jpgゴーン。  ゴーン。

護摩法要が始まる合図の鐘です。

 12_20141018190611c55.jpg

「如意輪寺」は真言宗のお寺で、
17日は護摩法要の日。

これから護摩壇に火をつけ、
護摩木を投じて祈願する法要が
行われるのです。

3_201410181710172bf.jpgまずは みなさん、祈願の護摩木を記入します。

「家内安全」「病気平癒」などの判を押し、
その下に その願いを叶えたい人の名前を書きます。
1人で何枚も何枚も書く、願いの多い人も・・・。
祈祷開始に間に合うように、
みなさんせっせと書いています。

この護摩木が、これから始まる祈祷で使われるのです。

2_20141018171018708.jpg11時前には、もう座る場所がないほど、
本堂は満席状態です。
加持祈祷 が始まるまで、
みなさんの期待もふくらみます。
護摩焚きは、祈祷中、
炉中に護摩木を投げ入れます。
火の神が煙とともに、
その願いを天上に運ぶ儀式とか・・。
荘厳で神秘的。

 5_2014101817102198b.jpg

さて、みなさんの祈りは天に届いたでしょうか・・・ 届くといいですね。

6_20141018171041b45.jpgそして、お待ちかね、ご住職の説法です。
原口住職の説法は、全国にファンが多く、
大型バスに乗って、連日参拝客が絶えません。
「例年は9月迄で仕舞う、風鈴まつりで下げている二千個を超える風鈴を、今年は今日のまち旅までは下げておこうと思っていました。しかし、数日前の台風到来で、止む無く外しました」 

それは、ちょっとだけ残念でしたね。

7_2014101817104054f.jpgそして、お寺から、みなさんへおもてなし。

 8_20141018171046a3b.jpg
秋晴れの境内の景色を楽しみながらの
精進料理は、いつにも増して味わい深いものでした。

食後は、ゆっくりと、たくさんのカエルが棲んでいる不思議な境内を散策し、次なる楽しみに向かいます。

9_201410181710445cb.jpg境内の階段を上ると、
お隣にあるのがケーキ店の「レーブ・ド・ベベ」。
店名「赤ちゃんの夢」という店らしく、
夢いっぱいです。

ショップに隣接のカフェを貸し切って、
みなさんで、スイーツ&おしゃべりタイム。
「もう、まったり、くつろいじゃうわ」

10_201410181710432fe.jpgメープルシフォンケーキに生クリーム&ベリー添え。
「まち旅スペシャル」のケーキセットを作ってくれたのが、
木下律子チーフ・パティシエ。

「ペロって食べちゃうでしょう?」

 11_2014101817105319d.jpg
本当に、その通り。
帰りには、マカロンのお土産まで頂きましたよ。
素敵な時間をありがとうございました。


31. 崇高なる歴史と自然「高良山」山歩き 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

s①10月12日(日)に開催された、
高良山山歩きの開催の様子を
事務局 hama がお伝えいたします!

「高良山観光ボランティアガイドの会が
発足して初めてのガイドです。
よろしくお願いいたします。」

8名のガイドさんたちが、元気にあいさつされました。

s②s③s④

s⑤
3班に分かれて出発です。
1班 松尾会長、2班 金子さん、3班 松江さんが
案内します。
台風が気になる天気でしたが、
申込みの17名全員が参加です。

山の中に階段出現!

s⑥
・・ 登って行くと・・・

吉見岳城跡に
つながっていました。

s⑦ そして、高良大社に参拝です。

今回は、特別に宮司にお話を頂いたうえに、
お祓いをしていただきました。

そして、宮司を囲んで、記念写真を撮りました。


 s⑩
s⑧
高良大社から降りてきたところにある『望郷亭』で、
お待ちかねのお昼です。

ぶた汁と栗の入った赤飯と
名物のところてんが準備してあり、
疲れた体にしみいる美味しさでした。


s⑨ 今回はガイドさんと一緒に、
高良山の史跡をたどりながら
自然の美しさに触れるというプログラムでした~!

開催当日は天候も心配されましたが、
山歩きが終わるまでは
雨も降ることなく、とてもラッキーでした ☆
11月には同じく高良山「もみじ谷コース」が開催予定です。(申込みは満席)


5. 古賀春江の生家の寺でアートな写経画 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

台風接近中で空模様が心配の中、No.5 古賀春江の生家の寺でアートな写経画が開催されました。
事務局 risa がレポートします。
s①
今回は、寺町の善福寺にて写経画に挑戦です。

風は強めですが、まだ雨は降っていません。
でも、終わる頃には大雨かしら…
と心配しながら開始しましたが

御堂は静かで気持ちも落ち着きます。

s②

「写経画」 ・・

画家でもある副住職の手ほどきで
始めます~

きれいな字が書けなくても大丈夫。


s③ アートなので、
それぞれ
自分の好きな色や形を
選ぶ楽しみも。

皆さん集中して、
時間があっという間に過ぎました。


s④


素敵な

出来上がりです。





s⑤最後に、ぜんざいやお菓子の接待も。
集中した後には、
甘い物が身にしみます(笑)

善福寺は、古賀春江の生家でもあるので
現存している絵も
間近で見せていただくことができました。
副住職の絵もステキです。

帰る頃にも雨は降っていなくて、ひと安心。
皆さん清々しい笑顔で帰られました。

何度でも書きたくなる…
そんな魅力がある写経画。
私も大満足。ありがとうございました(^o^)丿



10 ろくろ遊びと 竹野路さんぽ 

2014年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

柿の色づく田主丸の秋。 陶房の正庵で、「ろくろ遊び」をいたしました。
その様子を 事務局 yats が報告します。
菊練り教えて下さるのは、中島霜馬 先生。
ちょっと照れながらの挨拶に 優しい笑顔、
ろくろの「心構え」もそこそこに、ふと気づけば
さっそく「菊練り」と呼ばれる粘土のこねかたの
実践&説明が、スタートしていました(笑)! 

実は、これ、粘土の硬さを均一にし、
気泡を抜く大事な作業だということです。

四人 そして、全員ろくろに移動して、
まずは「土殺し」の作業。
「土殺し」かなり物騒な名前ですが、
粘土を棒状に引き上げたり、
倒したりして、
粘土の密度を均一に
成形しやすくする大切な工程です。

自分の足でペダルを踏んで、
ろくろの回転を調節します。
ろくろは、1台に1人ずつ
ゆったり、心行くまで
練習できました。
すごく贅沢な時間の使いかたです。

そして、いよいよ皿づくり・・

1_201410122320267a5.jpg 3_20141012232030c32.jpg 4_20141012232029094.jpg
2_201410122320248a9.jpg
今回は、丸皿づくり・・というプログラムでしたが、
皿の深さや、皿のフチの傾きなど、それぞれみなさんこだわります。

あれ~
もうすぐ、出来上がりかと思いきや、
あちこちから交代で悲鳴が上がります。
指の力加減や力を入れる方向など、かなり難しい技の習得でした。
とはいえ、みなさん どうにかこうにか納得?の皿ができました。
見本の四色の中から、好みの釉薬を選び、あとの工程は中島先生に任せることになりました。
乾燥 ~ 高台削り ~ 素焼き(700℃) ~ 釉薬かけ ~ 本焼き(1250℃)・・ 
あと二か月くらい待ってくださいね。 ということです。 先生、どうぞよろしくお願いします。

散歩1 そして、竹野路散歩 にでかけます。
今回の案内は、
竹野校区まちづくり振興会の久保山事務局長と、
山苞の会の渡辺会長のダブルガイドです。

地図を片手に、お二人の案内で、
陶房から、耳納連山に向かって、
なだらかな登り坂をゆっくり歩きながら
森山不動尊~阿蘇神社に向かいます。

阿蘇神社1300年前に行基が建立したという
森山不動尊に参拝し・・

阿蘇神社では、大楠の大きさに驚き、
ナマズの神様に手を合わせて
皆で記念撮影をしました。
ガイドして頂いた
久保山さんも、渡辺さんも、
何て地元のことに詳しいんでしょう!

地元の歴史や風習、
木々の種類など、
1人で歩いたら見逃しそうなことも
いろいろ教えてもらいます。

11月の紅葉シーズンには、まち旅のプログラム・・
58 山苞とは山の贈り物 小さな秋を探して歩く 山苞の道

も、ありますから、よろしかったらどうぞ~
・・と、ちょっとした予告編もありました。

柿試食そして、色づく柿を眺めながら、下まで降りて来て
右田果樹園で、柿(早秋)の試食を頂きます。
みなさん、思わず、柿を購入されていましたよ。
  ギャラリー
琅干(ろうかん)ギャラリー(井手無一)見学。

おみやげちょっと駆け足でしたが、充実の散歩でした。
紅葉 の時期には、また訪ねたいですね。
帰ってきて、陶房ではお茶&クッキーのおもてなし!
竹野路のMAPを見ながら、今の散歩の振り返り。
ガイドのお二人ともゆっくりお話しができました。

そして、お別れのご挨拶。
そこでなんと、中島夫妻から、
柿のお土産(写真→)まで頂きました。
竹野のみなさん、何から何まで
本当にありがとうございました。