お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


春旅 おひなさまのお茶会 

『久留米の春旅』筑後川活用観光開発事業 開催レポート…hama

有馬家のおひなさまとひなまつりのお茶会 3月23日(日)に行われました。


a-IMG_9517.jpg

久留米城跡にある有馬記念館が会場です。

春の花々がふっくらと開きはじめ、晴れやかな気持ちのいいお日和でした。


a-IMG_9525.jpg



お茶の手ほどきを頂きますのは、有馬記念館の元石先生。

資料館の解説を頂くのは、久留米市文化財保護課の水原さんです。


a-IMG_9530.jpg


有馬記念館2階にあります資料館では、
4月7日(月)まで『お姫様のひなまつり』展

開催されています。


春旅のお客様だけは特別に解説があり、みなさん雛道具のひとつひとつを

感激しながら拝見されてました。


a-IMG_9539.jpg


1階のお茶室に移動しまして、先生のご指導のもと聞香体験がはじまりました。

a-IMG_9553.jpg

香炉を手で包んで、手のひらの間から香りを聞きます。

大きく吸って~顔を傾けて、息を吐きます~。

2,3回聞くうちに、みなさん恰好が様になってきました。



a-IMG_9573.jpg


最後は、お薄のお点前がありゆっくりとしたひと時をお過ごしいただきました。

和やかな、おひな祭りのお茶会でした。

a-IMG_9580.jpg

有馬記念館 平成25年度 第2回企画展
お姫様のひなまつり

平成26年4月7日(月)まで
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週火曜日〈祝日日と重なる場合は翌日)
入館料:高校生以上200円・小学生100円




まち旅きゃらばん(6) 【多肉植物の小鉢 ~花伝~】 

まち旅きゃらばん (6)

「多肉植物の小鉢」 花伝(北野町)

花伝×渋田瓦商品

久留米市北野町、田園風景が広がるのどかな場所にお店はあります。

多肉植物・バラ・宿根草を中心に、店主が厳選した植物を数多く取り揃える、
こだわりの(マニアックな?)園芸店です。

初心者には分かりやすく丁寧な説明を、上級者には満足の品揃えを。

訪れるたびに、新たなサプライズが待っている…そんなお店です。

この「多肉植物の小鉢」は、城島町の渋田瓦工場がつくる瓦土の鉢に
花伝こだわりの多肉植物を寄せ植えたもの。

カラフルな多肉植物がいぶし銀の器に映えます。

IMG_0514.jpg

IMG_6349.jpg

IMG_0621.jpg

花伝さん①

花伝
〒830-1103
久留米市北野町金島122-7
TEL 0942-78-7388
営業時間 9:30~17:30
店休日 木曜日
ブログ http://hanaden.area9.jp

まち旅きゃらばん(5) 【水引ストラップ&箸置き ~さいわいや~】 

まち旅きゃらばん (5)

「水引ストラップ&箸置き」 
結納茶専門店 さいわいや(北野町)

IMG_2107.jpg

福岡県筑後地方には、結納時に日本茶を贈る風習があります。

さいわいやは、その結納茶を華やかに彩る水引細工をつくり続けています。

指先から生まれる繊細なつくりの水引細工はカラフル。

結納茶だけでなく、慶事にまつわる飾りや贈答品など、生活の大切なシーンを伝統の技で美しく彩ります。

この「水引ストラップ」は、久留米市のイメージキャラクター「くるっぱ」をかたどったもの。

箸置きにも使える、羽子板の羽飾りを添えています。

IMG_0605.jpg

IMG_0529.jpg

IMG_0536_20140304112901eeb.jpg

繧ュ繝」繝ゥ繝上y繝ウ蜈・遞ソ逕ィ逕サ蜒・P14縺輔>繧上>繧Ю0609

結納茶専門店 さいわいや
〒830-1122
久留米市北野町今山384-1
TEL 0942-78-4140
営業時間 9:00~19:00
店休日 不定休

まち旅きゃらばん(4) 【「吾唯足知」文鎮 ~渋田瓦工場~】 

まち旅きゃらばん (4)

「吾唯足知」文鎮 渋田瓦工場(城島町)

 渋田瓦商品

江戸時代、有馬公が丹波から瓦工を連れてきたことが始まりとされる城島瓦。

美しい光沢と表情を持つ「いぶし銀」の伝統を長年守り継いできた渋田瓦工場では、
通常の瓦だけでなく、瓦の土を用いたランプシェードや植木鉢など、
斬新かつ魅力ある品を次々と提案しています。

この「吾唯足知」文鎮もその一つ。

インテリアとしても映える、洒落た品です。

IMG_1303.jpg

鬼瓦

IMG_0342.jpg

渋田瓦工場

渋田瓦工場
〒830-0211
久留米市城島町楢津910-3
TEL 0942-62-3324
※ご来店の際は事前にお問い合わせください。

まち旅きゃらばん(3) 【籃胎ブローチ ~末吉籃胎漆器製作所~】 

まち旅きゃらばん (3)

「籃胎ブローチ」 末吉籃胎漆器製作所(原古賀町)

 末吉籃胎商品

「籃胎漆器」は、九州産の真竹を編み込み、漆を塗り重ね、研ぎ出した独特の模様が美しい
久留米の代表的な伝統工芸です。

末吉籃胎漆器製作所は、塗料にこだわることで、熱いものにも強くて洗えるオリジナル商品を開発しています。

また、スマートフォンのカバー等、古くて新しい現代の籃胎漆器を製作しています。

この「籃胎ブローチ」は「まち旅きゃらばん」をきっかけに生まれた商品です。

約4cm角で、つける角度によって表情が変わります。

洋装・和装を問わず、広く楽しんでいただけます。

研ぎ出し(縦)

繧ュ繝」繝ゥ繝上y繝ウ蜈・遞ソ逕ィ逕サ蜒・P9譛ォ蜷峨i繧薙◆縺Ю繧ケ繝槭・

IMG_0438.jpg

末吉籃胎漆器製作所
〒830-0046
久留米市原古賀町29-13
(金丸小学校前)
TEL 0942-32-2669
※ご来店の際は事前にご連絡ください。

いつでもまち旅2014年 (上期) のご案内  

2014年4月~ 2014年9月 / 通年版「いつでもまち旅」GUIDE

地元に暮らす人々が、普段から慣れ親しんだ地域のたからもの(自然や農業、伝統工芸、歴史遺産、食文化)で、
自らが訪れる人をもてなす手づくりの旅プラン「久留米まち旅博覧会」。
その「まち旅」の中から、一年を通していつでも楽しめるプログラムを選んでご用意しました。
あなたのお気に入りを見つけたら、いつでも電話でお申し込み下さい。

 お問い合わせ

● 最少催行人数記載のプログラムは、人数に満たないものは中止となる場合もございます。
● まち旅プログラム参加費には保険料が含まれております。
● このガイドブックに掲載している開催日以外の日程でも、ご相談に応じています。
 事務局までお問い合わせください。



  A~Z のタイトルをクリックしてプログラム詳細をご覧ください。

芸術とものづくり

  久留米城主が愛した茶の湯の心 久留米城跡の「古城庵」で本格茶の湯
  久留米藩主の菩提寺にて己と向き合う 梅林寺座禅修行体験
  ほとめき歩き南薫編 風格ある佇まいを感じるお寺めぐり
  ガイドと一緒にJR久留米発 城下町久留米 ぶらりまち歩き
  博物館の楽しい舞台裏を見に行こう バックヤードツアーin 九州歴史資料館
  久留米商人発祥の地・問屋街物語 あの若旦那と行くあきない通りつれづれ歩き
  地元新聞記者が城下町久留米をご案内 江戸と明治が見えてくる「ブラ☆モリ」久留米


歴史と城下町のまち旅

  お香専門店天年堂にて香りに包まれ 和紙でつくる掛け香づくり
  北野で結ぶ伝統の水引細工 水引が結ぶ縁 祝儀袋とポチ袋づくり
  土の温もりを感じる陶芸体験 日常の喧騒を離れ心穏やかに器づくり
  400年の歴史ある城島瓦の温故知新 いぶし銀の城島瓦で粋な器づくり
  櫨屋敷で和の灯りと心に触れる 古民家で楽しむ櫨キャンドルづくり
  久留米の伝統が集まる「地場産くるめ」で 糸が織りなす美の世界久留米絣織り体験
  桐たんす工場でのフィールドワーク 桐たんす職人から「見て」「聴いて」「ちょっと体験」できる日
  工房で伝統工芸の手仕事体験 職人と一からつくる「籃胎漆器」


学びと好奇心のまち旅

  手に携える幸せの花束 こころ華やぐブーケづくりと創作ランチ
  石橋文化センターで四季折々の花々を楽しむ ガーデンガイドツアー
  城島に展望台あり! 望遠鏡で夜空を見よう 天体観測
  子育ての日々にご褒美を 赤ちゃんとママへのんびりベビーマッサージ


農と花のまち旅

  多肉植物の品種数を誇る園芸店で 暮らしに彩りを添える季節の寄せ植え
  田主丸の農園カフェで 巨峰を採って、食べて、ケーキにして
  野に咲く茶花や山野草を一鉢に 特選茶花 山野草の寄せ植え


地酒とB級グルメのまち旅

 W 池町川沿いを達人と遊ぶ! ヒデキさんと行く!池町川飲みさるきツアー
  焼きとりのまち久留米の職人に学ぶ “ 焼きとり”と“ にわとり”がよくわかる講座
  巨峰開稙の地田主丸でつくる プロヴァンス マイワインづくり
  歴史と観光ならお任せください! 一押しドライバーがおすすめする楽々タクシーツアー


 久留米まち旅博覧会事務局 (NPO 法人 久留米ブランド研究会 )
 〒830 -0031 久留米市六ツ門町3-11 くるめりあ六ツ門ビル6F
 ( 公財)久留米観光コンベション国際交流協会内
 TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 「久留米まち旅博覧会」は、久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町からなる、
 久留米広域定住自立圏の事業として実施しています。


Z. 一押しドライバーがおすすめする楽々タクシーツアー 

2014年4月~2014年9月 /いつでもまち旅GUIDE

noz 歴史と観光ならお任せください!
一押しドライバーがおすすめする楽々タクシーツアー

タクシー協会所属の一押しドライバーが、久留米の魅力をタクシーでご案内します。
「蔵の町吉井と草野一族の栄華をたどる」「水天宮・恋物語と安徳天皇の伝説をたどる」「七夕神社と
如意輪寺の住職の法話」など豊かな自然や歴史、食を楽しむコースがお待ちしています。

 希望日でご相談ください。

zs

mapz● 集合場所 西鉄久留米駅前又はJR久留米駅前
● 料金 小型1 台貸切ご利用9,800 円から(コースで異なります)
● 定員 小型タクシー1 台4 名まで ※保険料が1 名200 円別途必要
● 予約 実施日の 3 日前までに要予約


2014年4月~2014年9月  いつでもまち旅プログラム一覧

お申し込み お問い合わせは「久留米まち旅博覧会事務局」
TEL 0942-31-1730 受付時間 10:00~17:00 土・日・祝日休み

プログラム番号、プログラム名、参加者のお名前、連絡先、電話番号などをお伝えください。
最少催行人員記載のプログラムは、その人数に満たないものは中止となる場合もございます。
まち旅プログラム参加費には保険料が含まれております。
このガイドブックに掲載している開催日以外の日程でも、ご相談に応じています。
事務局までお問い合わせください。